アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

皮膚科に行く。

新しいアパートに引っ越して以来、ますます皮膚の乾燥が激しくなったようで、夜中に知らず知らず全身をボリボリ、ボリボリ…。

当初は、ノミでもいるんじゃないかと思ったぐらいですが、別モノのかゆみなんです。

ふと、手足を見ますと、物凄い様相で乾燥しています。このままにしていたら、生きながらにしてミイラになることができるんちゃうか~、というぐらいカサカサです。

ということで、皮膚科にGO!

私の行く皮膚科は、ミシガン大医学部を出た専門の先生もいますが、MDを持たない皮膚スペシャリストみたいな人が軽い症状の患者さんを診るというシステムになってます。

私のような生死に関係しないものや、ケミカル・ピーリングやボートックスの注射など、簡単なものはすぐに診て、処方箋もさっさと出してくれるのです。

「全身、かゆいんッス~」と訴えますと、腕をめくられました。

「あら~、これは凄いわね~。じゃあ、試供品をたくさんあげるわ。これでもだめだったら、ステロイドね~。あ、ステロイドも試供品あげるわ~。」

と、簡単に終わりました。

今回頂いてきた試供品は、これ!

セタフィル


「セタフィル」という無香料の保湿クリーム。すっと肌に入っていきますし、全然ベタベタしません。

ニュートロジーナのハンド・クリームを愛用していましたが、これ、物凄く濃ゆいので、ちょっとヘキエキしてました。

ニュートロジーナと同じぐらいの威力でさらっとしているセタフィルの勝ち!

カナダからきた製品のようです。

ちなみに、ステロイドは、まだ使っていません。



スポンサーサイト

Comments

へぇ~

へぇ~ずいぶんと効率化されているんですね~
日本はそういうシステムがないからなんとも言えないけど、医者側からするとずいぶんと肉体的負担が少なくてすみますよね~

でもステロイドまで処方してくれるんですか・・・

私の勝手なイメージではちょっと怖いような・・・
そして「試供品」って嬉しいけど、そんなに簡単にくれちゃっていいの?とかと思ってしまいました。
薬のランクにもよるんでしょうけど・・・。

北海道もやっと春めいて来ましたよ~
冬の間、乾燥で悩んでいましたが、かなーりしっとりするようになりました
でもこれに油断して怠ると、きっと冬に反動がくるんだろうね~
あー面倒くさい(苦笑)

2008.03.27(Thu) 22:22       たれぞ~ さん   #jhC0J7jE  URL       

コメント感謝です。

e-191たれ様
セントラルヒーティングで真冬でもヌクヌクしていられる反面、乾燥が半端じゃないという図式です。ウチは温度を出来るだけ低めに設定して、湯たんぽを抱えてテレビとか観ているんですけどね~。アパートなんで、建物全体が乾燥しているんです。

皮膚科に行くと試供品がわんさか置いてあって、いつも鷲掴みで頂戴してくる私です。シャンプー、ローション、石鹸など、何でもあります。

こちらは、なんと、昨日の午後から雪が降り始め、今日起きたら10CMぐらい積もってましたよ。これから冬が始まるような感じです。

まだとっても寒く、オフィスではスペース・ヒーターがんがん稼動中。

春遠し、って感じです。あ~ぁ。

2008.03.28(Fri) 10:13       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?