アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のめりこむ私…

折り紙教室を終えて廊下で先生と立ち話をしていると、8年生の先生が、

「うちのクラスでもやってくれないか」

と。

「今ちょうど幾何学の授業をやっているので、それに関連して、ジオメトリック・折り紙なんてやれますかね~」

というのがリクエスト。

う~ん…。ジオメトリックか…。

いわゆる3次元の折り紙ですね~。むむむ難しそうだ…。

生返事で逃げるように退散し、どうしたものかと考えました。

鶴だったら8年生でも十分に挑戦できる作品で、3次元といえば3次元だな~、と。でも、幾何学に関連させる場合、三角形とか四角形とかを組み合わせた折り紙が授業の内容に近いかも…。

ネットで検索してみると、いろいろ出てきましたよ。

ジオ・折り紙もそうですが、ユニット・折り紙という名称の折り紙が、あるパターンのピースを組み合わせてなんとも不思議な幾何学形を作るもののようです。。それぞれの形は数学的に説明ができると思われますが、数学馬鹿な私には理解を超えた世界のことです。
ジオ03


私が試してみた基本ピースはこんな形(上の写真)をしています。正方形の折り紙をこの形に折ったものを12個作ります。

このピースをある法則にのっとって組み合わせていきますと、以下の「ブツ」が完成!
ジオ02


ジャンクペーパーを使った習作ですから見た目は悪いのですが、こんな不思議な物体が出来上がります。

これは物体1号ですが、なんせはじめてのことなので、組み合わせ方が「日本語」の解説を読んでもさっぱりわからなくて、2時間ぐらい格闘してしまいました。

出来上がったときの達成感はなんともいえないほど高いです。格闘時間が長かったからでしょうか。

物体1号の達成感を得て以来、再びあの達成快感を得るために物体2号、3号、4号とつくり続けている私です。

これをきれいな千代紙などを使って作れば、とってもラブリーな作品に仕上がると思います。

熱し易く冷め易い私の今一瞬のプロジェクトをご紹介しました。ふふふ。

スポンサーサイト

Comments

凄い・・・

日本発祥の折り紙も世界各地に広がって「ORIGAMI」という言葉で通じるというんだから驚きです
私は「鶴」と「かぶと」くらいしか折れませんけど、折り紙の本も色々でてますよね~
器用ですよね、皆さん
なんか見繕ってお送りしましょうか??

2008.03.17(Mon) 00:16       たれぞ~ さん   #-  URL       

こんにちは、A2のしげちゃんです。
私も子供の学校で、ジオメトリックの折り紙をやりましたよ!
たぶん同じ基本ピースだと思うけど、子供のクラスは、24人だったので、
一人2ピースずつ作ってもらって、私がその場で組み合わせました。
もっと、デコボコしていて (ウニみたい) きれいでしたよ!
最後に紐をとおして、『くすだま』 みたいにしました。
今も、教室に飾ってあります。

2008.03.17(Mon) 11:18       しげちゃん さん   #-  URL       

コメント感謝

e-468たれサマ
近所の画材屋さんに行くと、とても多くの種類の折り紙が売られていてびっくりします。もう、折り紙は日本だけの物じゃないということなんですね。でも、ちゃんと日本製ですよ。私も100枚入りの大量消費用のものから、きれいな千代紙まで、その画材屋さんで揃えています。
いえいえ。お気を遣わずに。日本に帰省したときに本でも交換しあっこしましょう。ふふふ。

e-484しげちゃん
同じ12枚をつかっても、その日の気分と体調でぜんぜん違う形ができるのよ~。こんな形を作るつもりじゃなかった!ってのばかりできちゃうのが不思議です。今度、星型をチャレンジしてみたいです。ジオ・折り紙は本当に不思議な世界です。

2008.03.17(Mon) 13:59       モンクたれ さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。