アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前

日本では人のことを呼ぶ時に、大抵は苗字に「さん」付け。「佐藤さ~ん」とか「加藤さ~ん」とか言った具合に。

この習慣はアメリカに来ても根強く、日本人同士では必ずさん付けで呼び合っています。ウチの会社でも「苗字」+「さん」です。日本人学校のお母さん達の間でも「苗字」+「さん」。あるいは、「XXX君のオカアサン」という感じです。

米国にある日系の会社では、日本人の間だけでなく、アメリカ人も自然と「さん」を使うようになったりします。アメリカ人同士でも、たまに半分冗談で、「ジョンさ~ん」とか「メアリーさ~ん」なんてやってたりして。

でも、日系会社に入社したばかりの米人は、この「さん」の法則がわからず、「さん」も名前の一部だと勘違いして、それにもう一回「さん」をつけて大ゴケしたりします。「加藤さんさん」とか。

どうも、「さん」をつけて日々生活してきているので、どれだけアメリカに長くいても「呼び捨て」というのに馴染めない自分がいます。

ウチのボウズの行っている学校は、全校生徒が100人ぐらいでとても小さいため、生徒だけでなく親も結構みんな知り合いという感じです。で、子供が遊ぶときに親も一緒に集まって、世間話をしたり、子供に混ざって遊んだりするのです。

これは、ある日の全校ピクニックか何かのときのお話。ウチのボウズと仲のいい友達連中がみんなで遊んでいる気に、ボウズの友達が私のことを呼びました。

日本だと、

「XXX君の、おかあさ~ん!!!」

となるんでしょうが、

アメリカ人であるボウズの友達は、

「XXX!!!!!」

と私の名前を呼び捨てに。

そんなこと初めてだったんで、一瞬何が起こったのが把握できなくて、5秒ぐらい呆然としてしまいました。で、はっと自分が呼ばれているんだと気付き、

「な、なんですか~?」と…。

9歳のガキに呼び捨てにされると言うのは、人生始まって以来の初の経験でした。別に、頭に来たとかそういうのじゃなくて、なんとも妙な感じがしたのです。

確かに、「さん」というのは日本独特のものですが、アメリカでも、先生とか大人を呼ぶときは大抵、「ミス・メアリー」とか「ミスター・ジョン」のように、ルール的には正しくありませんが、苗字ではなく名前にミスやミスターを付けさせます。苗字が超複雑だったりするからです。特にミシガン州に多いポーランド系やチェコ系の苗字は大人だってちゃんと読めませんからね。

ま、仲のいい友達のお母さんである私を呼ぶということで、いきなり呼び捨てになったんでしょうが、実は今でもまだ慣れません。やっぱり、先輩・後輩関係の厳しい中で育ってきたからなんでしょうかね~。(いまだって、大学のときの先輩と話するときは、ピシッとして喋りますからね~、私ったら。)

ウチのボウズも、友達連中がよその親達のことを呼び捨てにするのに違和感を覚えるそうです。日本人の心ももっているのね、君は。

ちなみに、シンプソン家(米国のテレビアニメ)のバート・シンプソンは、自分の父親のことをホーマーって呼び捨てです。お母さんのことはお母さんって言うのにね~。
スポンサーサイト

Comments

またまた(笑)
呼び捨ては習慣にないし悪く言ったりする時に呼び捨てだから
抵抗あります。9歳のガキにねぇ(笑)そりゃ戸惑います。
中には、名前じゃなくて「あんたぁ」と呼ぶ人がいらっしゃいますが
これも気分が悪いです。

2008.02.06(Wed) 00:16       なさん さん   #-  URL       

コメント感謝。

v-433なさん
日本みたいに、年齢が対人関係で重要な役割を果たさないのも、呼び捨てが気にならない原因の一つだと考えられます。
だって、学校の先生に対しても、親達は呼び捨てよ~。私は、どうも居心地悪く感じるのでミセスXXXと読んでますけど、そんな呼び方するの私だけみたいだし…。
人種、性別、年齢関係ナシで交わっている国ですから、こうなるんでしょうね~。自分の親ぐらいの年齢の「友達」がいたりするわけで、それも友達だから、呼び捨てです。

2008.02.06(Wed) 09:43       モンクたれ さん   #-  URL       

なるほど~

てっきり、日本の「~さん」と同じ感覚で、「ミスター」「ミス」が頭についているとばかり当たり前に付くと思ってました。
日本では呼び捨ては同級の友人か年下が殆どなのでフレンドリーになっても年上を呼び捨てという事はないので、違和感を感じますね。
日本は昔から儒教の教えが根底に流れているので、年上を敬うという気持ちが奥底になるのかもしれませんね・・・
(でも会社のオヤジたちを○○ちゃん呼ばわりする私もどうかと思うけど・苦笑)

「○○くんのお母さん」というのも日本独特なのかしら???
以前、何かで結婚したら「○○さん家の奥さん」とか「○○くんのお母さん」と言われて、私個人の名前は関係なくなったようで寂しい・・・という書き込みを読んだ気がします
どちらも判るけど・・・私はやはり日本人なので「○○さんの奥さん」や「○○さんのお母さん」と呼ぶ方がしっくりくるかな(笑)

2008.02.06(Wed) 20:46       たれぞ~ さん   #jhC0J7jE  URL       

○○'s Mommy

モンクたれさん、こんにちは。 Ann Arborのしげちゃんです。
うちの子供たちは、Ann Arborの公立の学校へ通っていますが、子供の友達は、私のことを『○○'s Mommy』(日本の○○君のお母さんと同じです)と呼びます。
先生は何と呼ぶか、友達の両親を何と呼ぶか、自分より年上の人を何と呼ぶかをKinderの時に習ったような気がします。 お知らせのプリントにそんなのがありましたよ!

2008.02.07(Thu) 12:47       しげちゃん さん   #-  URL       

コメント感謝感謝

e-430たれ様
大抵、呼び捨てなんです、この国の人たち。

で、たとえ親しくなっても、居心地悪いんで、ミスとかミスターをつけると、「そんなかしこまった呼び方するなよ~」って、言われることすらあるんです。なんだか、母親ぐらいの年齢の人たちに、「サリー!」とか「トム!」とか呼びつけるのってバチがあたりそうで(年より臭い…) でも、ここの国の文化だから仕方ないって、あきらめてます。苗字言いたくても、発音できなかったりするし…(爆)。

v-274しげちゃん
どうも、どうも。そっちも雪凄い?運転大変よね~。今日なんか、また休校よ!!!!でも、会社、休みじゃないし。
さて。さすが、AAですね~。その辺ちゃんとしてると思うわ。
ウチのボウズの言っている学校はかなりリベラルなんで、親も呼び捨てでOKなんじゃないかと思っています。なんと、この学校、校長がいないのよ。でもちゃんと運営されているのだ。不思議。

2008.02.07(Thu) 16:43       モンクたれ さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。