アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スキーをやりに。

人生で初めて、スキー場に行ってきました。

家から車で30分の所にあるんです、スキー場が。ウィンタースポーツをやることに全然興味がないので、どんなに近くにスキー場があっても、そんなの関係なって感じでしたが、Sさん夫妻に誘われ、ウチのボウズを連れて行ってきました。

行き先は、パイン・ノブ・スキー・リゾート。
http://skipineknob.com/pages_/home_.cfm

ここ、夏はコンサート会場として使われる場所ですが、冬はスキー場になります。

高速道路75号線を北上し、89番の出口で出て、右折し、半マイルぐらい行ったところにパイン・ノブの看板が右側に出てきますから、そこを入っていくとスキー場の駐車場となります。駐車場のすぐ横が既にスキー場です。

ご存知のとおり、ミシガン州はまっ平らなところですから、このスキー場も山というより丘を滑ってくるという感じです。最長スロープが400Mだそうです。日本だと、4キロスロープとかあるそうですが…。

さて、日本のスキー場事情を全然知らないので比較とか出来ませんが、このスキー場、家族連れに親切な作りになっているなと感じました。その証拠に、子供連れの多いこと、多いこと。

で、その子供達がなんともスキーを上手にやるんですよ、これが!全然こけたりしないんです。上手にシャ~~~、っと滑っていきます。まだ、歩くものやっとのような小さな子供もわんさかいました。なぜだか、スティックを持たない子供が多く、スキーだけで、まるでローラーブレードでもしているかのように滑るんです。

初心者はまず、このようなエスカレーターに乗ってちょっとだけ上に行って、そこから恐る恐る滑り降ります。このようなエスカレーターは長短2本あります。
ベルトコンベヤー式


エスカレターに慣れると、今度は「ロープ」につかまって、もうちょっと上まで行きます。このロープ。実は、つかまっているだけでは上に行かないようで、ある程度自分でも動かないといけないそうです。コツがあるんだとか。
ひもにつかまれ


で、最後は、リフトに乗って上まで行きます。このリフト、とっても高速で、到着地点で降りるときに注意が必要なんだそうです。
高速リフトは降りるときにこける


ウチのボウズにとっては初めでのスキーでしたが、とっても気に入ったみたいで、4時間ぐらいぶっ続けで滑っていました。
ヘルメットをかぶりましょう


ところで、スキー用のヘルメット。スポーツ用品店を何軒かハシゴしましたが、日本人であるボウズの丸い頭にぴったりと合うのがなくて、結局、自転車用のヘルメットの下にスキー帽子をかぶり、その上にヘルメットとしました。

最後に。このスキー場は夜10時までやっていますから、金曜日の夜とか結構混むそうです。

ちなみに、スキーもボードもレンタルがあります。それぞれ、25ドルぐらい。リフト券も30ドルぐらい(曜日と時間によって違います)。プロによる個人レッスンなども充実しています。個人レッスンは、1時間48ドル。

レストランもありますが、外から買ってきたものをもって、レストランのエリアに入れません。(でも、サンドイッチとか自分で持ってきたものを食べてた人、いましたよ~)

ところで、ウィンター・スポーツを一切やらない私は、一日中ずっと暖炉のとなりで、外でスキーをやる人たちの観察してました。(ただのぐうたら?)


スポンサーサイト

Comments

折角行ったんだったら、スキーを遣って来たら良かったのに
残念やん!

2008.02.06(Wed) 00:10       なさん さん   #-  URL       

コメント感謝

v-223なさん
わたくし、高所恐怖症なんです。ちょっとした丘でもだめだめ~~。
みているだけで、色々発見出来て面白かったよッ。
こけたら立ち上がるのが難しいということを理解しました。
日本は全然スキー流行らないそうで。だから、冬期オリンピックとか、日本は駄目なのね~。

2008.02.06(Wed) 09:46       モンクたれ さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?