アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の馬鹿!

お家を買う時に、

「この辺は、鹿が多くて、庭を荒らされますよ~。」

なんて、不動産屋は教えてくれません。

その辺を鹿が歩いていると、

「鹿だ~。」

って珍しくてうれしくなっちゃうのは昔の話。

今は、鹿は、敵です。

我が家の庭を荒らす、敵です。

冬になって大雪が降って食べるものがなくなると、あちこちのお家の庭で手あたり次第なんでも食べちゃうのが鹿です。

我が家の場合、裏庭のモミの木。

引っ越してきて最初の冬は全然気づきませんでした。

2年目に、シンメトリーな形のモミが妙にいびつな形になっちゃっていることに気付いて、それが鹿のヤロウたちの仕業だとやっと分かりました。

そして、あいつらの悪行を阻止するには麻の布をかけることが効果的だということも、そこで初めて知りました。

でもですね…。

麻の布をかけて、麻のひもで縛っておきましたが、今年はよっぽど食糧難なのか、わざわざ布をずり降ろして緑の部分を食べちゃうというウルトラ技をやってくれちゃいました。

鹿のバカバカ!!

鹿との戦いは、まだまだ続きます。

shikanobaka001.jpg
(上)真ん中あたりだけを食べちゃいます。なだらかな三角形のモミの木がひょうたんの形になってしまいます。ぶざま。

shikanobaka002.jpg
(上)頭を下げて食べることをしないナマケモノたちです。下の方は葉が固いからでしょうねぇ。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。