アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳占いなるもの。

別に、「文化」な話ではありませんが…。

米人と話していて、占いの話になりました。

日本だと鉄板話題の血液型。

もちろんアメリカでは、血液型が話題になることなんぞ、まずありません。

そもそも、自分の血液型を知らない人だって、結構ざらにいます。

ウチのボウズだって、血液型、知りません。

彼が生まれたとき、看護婦さんが、

「血液型、調べておきますか?別料金かかりますけど。」

と聞いてきました。

「必要かしら?」

と尋ねると、

「特に、必要じゃないわね~。」

と言われ、パスした次第です。

必要であればその時に調べれば良いかなと思って。

で、占いの話。

日本人は血液型を結構気にする話をしたところ、アメリカには「耳占い」なるものがあるということを話してくれました。

それは、耳タブがどうなっているかによって、性格判断をするもののようです。

英語では、

attached: くっついている
attached lobe001
(耳たぶが顔に完全にくっついている)


detached: 離れている
dettached lobe002
(耳たぶが「ぶら下がった」感じ)

という表現になります。

「アタッチ」な人たちは、親切で独立心があるそうです。

「ディタッチ」な人たちは、自信家で向上心が強いそうです。

でも、説明を読めば読むほど、突き詰めていくと、どちらにでも当てはまるんじゃね?みたいな感じになります。

ということで、これも、話題ぐらいにはなるけれど、科学的裏付けはないお話です。

実際にどこかの大学で研究した人もいるらしいです。

MYTH(迷信)だということに行きついたようですけど。

長くこの地に住んで、初めて知ったお話でした。














スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。