アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィークエンドは、シカゴで。

ウチの会社に出入りしているシカゴに拠点を持つ保険会社の担当者さんに、

「今度、ウチのボウズのサッカーのトーナメントでシカゴに行くんですけど、美味しいところ、教えてくださいね~。」

とメールを打っておきましたら、速攻で返事がきました。

お勧めベストスリー・リストです。

名前だけでなく、どう美味しいのかを詳細に書いてくれましたから、ボウズのサッカーそっちのけで、チームにもう一人いる日本人のママ友と、思いっきり堪能してきました。

そもそも、トーナメント開催地が、A-リントン・Hイツという、デトロイトで言うところのNバイみたいな場所で、近隣には多くの日本人が住み、日系のスーパーやらがあるところ。ホテルもMツワ・スーパーから車で2分。

もう、まさにとってつけたような素晴らしいロケーションで、シカゴ滞在中は毎日Mツワに午前と午後通っていました。

教えて頂いたのは、

(1) 最近できたというラーメン屋さん。 

ホテルから車でなんと15分! 2日連続で通いました。40分の待ち時間なんぞ全然気にならず。

ちょっと地味なストリップモールに店舗があって、そのラーメン屋さんだけが繁盛しているという感じでした。

大きな店舗ではなく、カウンター席とテーブル席合わせて、50人も入らないと思われます。

常に人が並んでいて、並ぶ人が店舗に入りきらないため、お知らせブザーをもらって車の中などで待ちます。

元気の良い大将が迎え入れてくれます。

私は、一日目が塩ラーメン、二日目が皿うどん。

ママ友は、一日目がとんこつラーメン、二日目がちゃんぽん。

スープの種類で麺類も違い、なかなかの美味しさだと思いました。

サイドディッシュも充実していて、から揚げのサクサク感は抜群でした。

ラーメンでお腹が一杯になってしまって、名古屋チャーハンなるものを食べることが出来ませんでした。残念。

私たちが行ったときは、日本人率は30%ぐらい。

ラーメン屋は回転が速いはずなのに、ラーメンを食べ慣れない人たちがお箸でラーメンを時間をかけて食べ、おまけに珍しさからかサイドディッシュもあれこれ注文するもんだから居座る時間が長い長い。

デトロイトにある日系レストランとはちょっと違った風景かなと感じました。

(2) Wサビというジャパニーズ・レストラン

ラーメン屋さんにすっかり魅せられてしまいましたから、ここには行くことが出来ませんでした。

次回ということで。

(3) シカゴのリンカーン通りにある韓国BBQレストラン

これは、「絶対お勧め」。

ミシガンに戻ってくる途中、高速を降りてこのレストランに向かいました。

シカゴ市内ですから、専用駐車場などありません。路上です。

到着した時間が丁度開店時間ピッタリで、レストランの目の前の路駐セクションが空いていました。(超ラッキー)

通常は列が出来ているレストランだとか。

でも、すぐに席に着くことが出来、お勧めメニューを注文しました。

このお店の「売り」は、焼き肉を石焼鍋ですること。

散々お肉を焼いて、美味しい肉汁をお鍋に出して、〆はご飯とキムチとバターをそのまま同じ石焼鍋て調理してチャーハンにするんです。

もう、涙が出ちゃうほど美味しさで、私、ウチのボウズ、ママ友、ママ友の息子さんの4人でひれ伏しちゃいました。

キムチとバターって、いったい誰が思いついたんだか。絶妙なコンビネーションです。

はっきり言って、綺麗とは言えないレストランです。

お手洗いだって、調理場の向こうにあって、「マジ??」って思っちゃいましたけど(電気のスイッチが見つからなくて焦りました。自動センサーでした。)、あんなに美味しいものが食べれるのならどうでも良いってぐらい、インパクトのある場所です。

4人で、「もう何にも入りません」っていうぐらい食べて、チップ込みで70ドルちょっとでした。


ということで、何ともグルメーなウィークエンドを存分楽しみました。

シカゴに住むのも良いな~、ってかなり本気で思ってしまいました。




ところで、詳細情報の欲しい方は、どうぞご連絡ください。







スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。