アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

敵リスト増殖中

写真

冬が終わって(まだ寒いけれど)、雪が解けると、第一の敵がやってきます。

確かに雪深い冬の間もあちこちで見かけましたが、今年の冬はあまりに寒かったため、どこかでじっとしていたんでしょうか。(トロイのネイチャー・センターには200頭ぐらい”常駐さん”がいるとのこと。恐らく凍死や餓死をしてしまわないよう、そういったシェルターのようなところに行っていたのかも。)

そうです、鹿です。

雪が解けたら、一気に出てきました。

そこらじゅうに出没して、芝生の新芽や春の花を食べ散らかしていきます。

ウチにも、もちろん来てますとも。

先日なんぞ、夕暮れ時に4頭様ご一行で、芝生とモフモフを食べてました。

で、翌朝、表のガーデンの紫色の春の花部分のみがそっくりなくなっていました。

鹿との戦いは今後もずっと続くわけですが、鹿以外に「敵」として上位リンク入りしているのは、「タンポポ」。

今日、買い物から帰ってきて、一般路から我が家を見たときに、やたらと黄色い感じがしたのですが、それは、「感じ」なんかじゃなくて、「タンポポ」の花。

ウチの庭だけ、好き勝手に咲いてる感じです。

タンポポは、周知のように種が飛んでゆきますから、ご近所さんに大迷惑となります。

花が綿帽子になる前に、刈り取ってしまわないとなりません。

そして、根っこの部分は、物理的に引っこ抜くか、タンポポ専門の除草剤で駆除してしまわないとなりません。

今日は雨が降ったすぐ後だったので、土壌が湿っていて草取りに適していました。

ちょっと土を起こしただけで根ごときれいに抜けてくれて、ある意味楽しかったのですが、2時間もすると飽きてくるばかりか、体が悲鳴をあげ始めました。

物理的に抜くのをあきらめて、ラウンドアップ(除草剤)をスプレーに切り替えました。

それでも、やや屈んだ体勢での作業ですから、結構大変。

気付いたら、もう6時過ぎ。

続きは、明日です。

しかし。

タンポポの、そう簡単に抜かれないような生え方には、感心しまくりました。

いわゆる、「タンポポ工学的に正しい根や葉の延ばし方」とでも言うんでしょうか。

敵ながら、あっぱれ。









スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?