アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

ミシガン版三種の神器

ミシガンでの生活に欠かせないものと言ったら、

芝刈り機
除雪機
小型自家発電機

の3つです。

もちろん、賃貸アパート(日本風に言うとマンション)の場合、この3つは必要なしです。
管理事務所の責任です。

ミシガン辺りで、日本風に言う「戸建て」に住む場合、この3つはMUST ITEMS(必須アイテム)だと考えられます。

まず、芝刈り機。

honda_mower2014.jpg

もちろん、ホンダ製芝刈り機です。

ホーム・デポなどホームセンターに行きますと、ありとあらゆる種類の芝刈り機が売っていますが、「ホンダ製」を選ぶことはとっても大切なようです。

米人の友達からくどくくどく、

「夏、広い庭でガンガン働き、冬、極寒のガレージの中で辛抱強く春が来るのを待てるのは、ホンダだけだ。安物を買ってすぐに壊れて頭に来るぐらいなら、少しばかり高くても芝刈り機は良いものを持て!」

と言われました。

ホンダ製の芝刈り機を持つ別の友達からも、

「春になって久しぶりにエンジンをかけたけれど、さすがはホンダ製。昨日まで働いていたように、すぐにエンジンがかかったよ!」

と言うようなストーリーを聞いています。

ということで、芝刈り機は、躊躇無くホンダ製をゲット。(確かに、お財布はちょっとイタかった...。)

次!

除雪機。

snow blower2014

雪が降ってからでは遅いと言われ、秋のうちにアマゾンで購入しました。
今シーズンの雪は尋常じゃないほどの量だったため、早いうちの購入は大正解でした。

余り大きいものは重すぎて押し進めることができないと言われ、中型の除雪機を選びました。

でも、一気に1メーター級の積雪があったときは、この除雪機、全くの役立たずになりました。
近所のおじさんが大型の除雪機で、道路に埋もれてしまったウチの車を救助してくれました。

雪シャベルで1時間かかる除雪作業が、これがあると、10分ぐらいで出来ちゃいますから。

必須です。

特に、気温がマイナス20度とかの場合、雪シャベルだと死んじゃいます。さっさとやらないと。



3つ目は、発電機。

generator2014.jpg

これは、なかなか理解に苦しむアイテムです。

そもそも、いつ、どのタイミングでこれを使うのか、全く想定できないのです。

ウチがこれを買う羽目になったきっかけは、去年の11月にあった停電です。
悪天候のため、この地域一帯が停電しました。
停電になっても通常は長くても1日ぐらいで復旧となりますが、11月の停電は4日も続きました。

妙だったのは、ウチのある通りで停電していたのはウチと左隣のお宅だけで、あとは煌々と電気がついているんです。

ウチと、左隣と道を挟んで3件ぐらいだけが真っ暗。

4-5軒の小規模エリア停電より、隣町の何十軒もの大規模エリアの復旧の方が優先されたとのことです。

2日間は厚着で寒さをしのぎましたが、さすがに3日目にとうとうホームデポに向かいました。
で、唯一残っていた発電機を購入。ホンダの芝刈り機より高かったけれど...仕方なし。

ホームデポの人たちに、

「ミシガン、特にこの辺に住むんだったら、発電機は絶対必要よ!」

と散々言われました。

ホームデポの人たちだからそう言っているのではなく、ホームデポで買い物をしていてたまたま私とホームデポの人の話が聞こえた米人も、

「そうよ、そうよ!」

と口を挟んできたぐらいです。

アメリカは、インフラが基本的にどれもこれも老朽化していています。(戦争で破壊されたことが無いからだとのことです)

配電システム、水道管、橋、道路、などなど、どれもこれも更新が必要です。

壊れるまで使い続け、壊れて初めて、

「さ、取り替えましょうか。」

がデフォですから、今回の停電もその流れに沿っています。

で、結局、この大げさな発電機は、電灯1つと、携帯の充電に使っただけです。

飛行機に乗っているぐらいうるさいし、重くて簡単に動かせないし、ガソリンで動くので完全戸外に設置しないといけないし...、なんとも面倒極まりないシロモノです。

たまに動かさないといざと言うときに動かないそうですから、知っている人たちみんなに、

「ウチ、発電機があるから、何か必要なことがあったら是非使ってね!!!」

と宣伝しまくっています。

今年の夏が去年のように猛暑だったら、また、停電する可能性が非常に高くなります。

そうしたら、こいつの出番です。


ということで、この3つのアイテムが我が家のガレージにドーンと鎮座しているわけですが、やっぱり一番の働き者は芝刈り機かな。





スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?