アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

レイム・ダック

Lameという単語。

結構良く使います。

「弱っちい」

と言うような意味です。

「弱い」より、「弱っちい」のほうがしっくりくる英単語です。

ニュアンス的に「ダサい」も含んでいます。

学生が友達を軽くからかうような時に使うような単語だったりもします。

ということで、あまり良い響きの言葉ではないけれど、良く耳にする単語です。

それが、「ダック」と一緒になると、更に良く耳にする表現となります。

LAME DUCK。

オバマ大統領が二期目の当選を決めましたが、もし、落選していたら残りの任期は「レイムダック」と呼ばれます。

「どうせ一生懸命やったりしてもしょうがないだろ」ということで、単なる消化任期ですからLAMEなんです。

最近ラジオで聞いたのは、ベネディクト法王が今月末をもって退任することが発表されましたが、公式発表のその瞬間から2月末までのことも、レイム・ダックなのだそうで。それまでの期間のことをレイムダック期間、それまでの法王のことをレイムダック法王という表現。

なんで、DUCKなのかは調べてみたいと思っています。

いずれにせよ、これは、どうやら米国特有の表現のようです。


スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?