アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優れもののプランジャー

KBはちょっと休憩。

++++

先週あたりからなんだかバスタブの水はけが悪く、いやだなと思いながら何もしないでいたら、やっぱり詰まりが益々ひどくなってしまいました。

いつも通りに、排水口にたっぷりとベーキングソーダをふりかけ、しばらく置いて、電子レンジで熱したビネガーをその上からかけますと、

シュワッ~~~~

と、とっても気持ち良い音がして、すっかり開通してくれたような雰囲気になります。

しかし、今回は、ビネガーをビン1本分使ってもウンともスンとも言わず、熱いお湯をかけてシュパシュパを使っても全然ダメ。

最悪なのは、シュパシュパの吸引力が低下したような感じがしたので、よくみると、柄に近いラバー部分がヘタレをおこし亀裂が入って使い物にならなくなっているじゃぁありませんか。ゴミ箱行き。

シュパシュパが使えなくなったところで、その日はあきらめました。

次の日。

会社の帰りにホームセンターに寄って、スネークというトゲトゲの出た長くて細いプラスチック製の棒のようなものを買ってきました。

強化プラスチックなのに、やわらかい仕上げになっているため、排水パイプの中に入り込んで、パイプの中に詰まったものをトゲトゲでかき出して詰まりを取ることが出来るのです。


我が家のバスタブの排水口からスネークを入れましたら、8センチほど行った地点で、それ以上は行かなくなってしまいました。どの角度で入れてもダメで、これも、却下。

翌日、近所のダラー・ショップ(日本の100円ショップのこと)にいって、化学薬品のパイプ詰まり用の溶液と新しいシュパシュパを購入しました。

「強力!」と書かれた薬品を2回排水口に流し込み、シュパシュパで詰まりを押し流そうとしましたが、またもやシュパシュパに不具合発生。

先日壊れたのと同じ部位から亀裂が発生し、シュパシュパの用途がまったく発揮されなくなりました。

やはり、安物はダメだということを実感しました。


さて、今日再び、ホームセンターに出向き、もうほぼヤケクソでこんなものを買ってみました。

plunger01.jpg


なんだか、自転車の空気入れのようで、先日スネークを買ったときに目には入ったものの、なんだかウソ臭くて購入しなかったシロモノです。

でも、2つもシュパシュパを壊してしまって、もう、普通のシュパシュパはダメだと確信した今、この見た目がとてもへんてこりんなヤツにお願いすることにしました。

柄の部分はと取り外しが出来るようになっていて、先の部分は用途に合わせて形を交換します。

バスタブの排水口は随分と小さいので、一番小さいものを取り付けて使ってみました。

使い方は、まさに自転車の空気入れと同じ。

でも、シュパシュパ力が全然違います。

最初の10回ぐらいはなんら変化はなく、まだ頑固に詰まっている音がします。

何度かシュパシュパしているうちに、一気に水が引いていく瞬間を感じました。

ビネガー3ビン、ベーキングソーダ4箱、薬品系1ビン、シュパシュパ2つの犠牲の後、やっと排水管がすっきり開通!

デザインとかはダサダサだけれど、とっても良く働いてくれます。

お勧めの一品です。

説明書は、英語とスペイン語の二ヶ国語表記。

plunger02.jpg


最近のアメリカ事情を良く理解した正しい商品。

ホームセンターで11ドルぐらい。

はじめから、これを買っておけばよかったなぁ。

ちぇッ!!


ああ、それから、シュパシュパのこと、英語でプランジャー(PLUNGER)って言います。









スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。