アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

もう、12月。

このあたりは、北海道と緯度が同じなので、基本的には寒いんです。

昔は、

「10月から3月(5月だっけ?)までは冬」

だと言われていたそうです。

今は、その期間がすっかり短くなっているようです。

今年だって、まともな積雪があったのって、まだ1回!

異常です。

だからなのかどうかはわかりませんが、今が12月だなんて!!って感じな日々を過ごしています。

ちなみに、今の気温は4度。

この辺だど、4度って寒いの部類に入らないと思うなぁ。

ということで、あれよあれよという間に、(とりあえず暦の上で)冬が来て、でもって、12月!!

ン十年に一度の超ラッキー年だと信じ続けてとうとう最終月ですよ。

なにが良かったんでしょうかねぇ。

8月に、

”「ごめん、会社、閉めることにしたから」爆弾”が投下され、

10月に、

”はい、後片付け、ご苦労さん。さよなら~”

と冷たく雇用が終了しちゃいました。

あ、そうそう。

10月にウチの母の心臓が5秒停止、なんてことがありました。

で、11月にカテーテル手術を受けました。

お陰さまで成功に終わりましたけど、家族みんなで聞いたこともない手術にビビリまくって、でも、本当は本人が一番不安だったはずで、私も日本に一時帰国していろいろお世話をと考えていましたら、

「帰ってなんて来なくていいから。絶対に帰ってこないように!!」

って、手術を受ける本人から釘を刺す電話があったりして、手術の当日はひたすら祈り続けるぐらいしかできない自分にイラついておりました。

ま、いろいろありましたが、何とかここまできました。

と、いま、振り返りますと、最終的には落ち着くところに落ち着いた、つまり、ま、良かったんじゃないかなということです。

一番心配だったウチの母はすっかり元気になっちゃって、つい先日フォローアップの検診に行ったら、もう何十年も飲み続けていたワーファリンという強いお薬は飲まなくていいとドクターからお墨付きを頂いたそうです。

あんまり嬉しかったんで、病院の帰りに役所に寄ってパスポートの申請をしてきたとか。(今までは心臓が心配で飛行機に乗れなかったから…)

次に心配だった私の仕事も、結局プータローを5日しただけで済みました。

転職先の仕事は転職前の仕事と、まあ、似ているのですっと入っていくことができました。そもそも、メンバーが良いのが良い。

中には慣れない仕事もあるため早くなれるために、結構長い時間オフィスにいるけれど、別に苦じゃありません。一緒に仕事ができる仲間がいることに、むしろ喜びを感じています。(今までは、1人きりのオフィスだったしなぁ。)

End justifies.
「終わりよければ全てよし。」

って言うけど、いまはまさにそれが良くわかる心境に居たりします。




cute_cooper12.jpg
こんな可愛らしいミニ・クーパーがいました。
思わず写真を撮ってしまった。
何がイイって、まつ毛がゴージャス!!!


スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?