アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネをつくる。

私はド近眼で、裸眼だと5センチしか離れていない人の顔だってボヤけて見えないほど。おまけに乱視なんで、裸眼で三日月を眺めるとラグビーボールがこっちの方に飛んでくるように見えます。(う~む、これは、目の悪い人にしか理解できない描写だなぁ。)

さて。

通常は、アメリカズ・ベストとかいうチェーンのメガネ屋でメガネとコンタクトを作っています。3年だか5年の会費を払うと、検眼料が無料となり、コンタクトやメガネが格安で買えるというシステムを持つショップです。

こういうショップでは、日本にも同じようなシステムがあるかと想像しますが、目のスペシャリストのような人達が一通りの検査をしてくれて、検査医が診断をして処方箋を出しメガネやコンタクトが出来てくるという流れになっています。いわゆる医師ではなく、目の専門家がショップの運営をしています。こういう場所にいるドクターといわれている人たちは、optometrist(オプトメトリスト)で、MD(Doctor of Medicine)ではありません。ちなみに眼科医は、ophthalmologistと言います。

アメリカズ・ベストは、メガネを2つ作って70ドルとかいう安いパッケージがあったりして、結構お得です。

でも、去年そこで作ったメガネがどうも見辛くなってきて、特に朝晩の車の運転が危険だと感じるほど遠くが見えないということで、メガネの作りかえを決心しました。

「そういえば、会社の眼科保険が使えたな。」

と思い出して、久々に眼科の先生のところに行くことにしました。会社の保険はめずらしく眼科もカバーしているものの、1年に一度しかメガネやコンタクトを作ったり出来る内容にしかなっていないので、予約が面倒だということもあり、全然使っていませんでした。

ま、会社もなくなっちゃうし、使えるものは使いましょうということで行ってきましたよ。

メガネチェーン店と同じような検査を受付兼検査助手のオネエちゃんがやってくれて、最後の締めは眼科医(MD)の先生がやってくれます。

「う~ん、ちょっと視力が落ちてるね~。」

とか言いながら処方箋を渡してくれます。

メガネは眼医者付属のメガネショップで作成です。

保険があると、『メガネフレームはXXXドルまでカバー』というような細かい取り決めがあるので、その辺を確認しながらフレームやレンズ選びをします。

私の場合、正価が189ドルのフレームを選びましたが、保険がきいて$47.20となりました。(75%引き!)

レンズが高かった!

私は近眼と遠視と老眼(!!)のトリプル悪なので当然のように遠近両用メガネが必要となります。この3つがうまくブレンドされたハイ・インデックス・レンズとやらを注文することになったのですが、そのお値段たるや正価が480ドル!

でも、これにも保険が適用されて、162ドルですみました。(それでもフレームの正価に近いぐらいの凄いお値段!)

あと、レンズが反射しないような「antireflective」というコーティングをつけてもらうのが正価で75ドル。これには保険が適用されません。

それから、検眼料が正価85ドル。これは医師がしてくれた分。保険適用で5ドルで済みましたが、コンタクトの検眼は保険が適用されないので$72.25とられました。

で、なんだかんだで、合計金額が正価で$911.25でしたが、保険のお陰で$371.45が自腹という結果に。

安い買い物ではありませんでしたが、出来上がってきたメガネは本当に掛け心地が良くて、気に入っています。早朝の車の運転も安心です。(早朝の起きがけはコンタクトがつけられなくて…。)

眼医者付属のメガネショップのオバちゃんは達人で、目がそれぞれどの角度で運転や読書などをするかいちいち確認しながら、どんなレンズをつくるかを検討してくれました。そんなこと、あのショップじゃしてくれなかったな、と。

これからは、やっぱり、こういうところでメガネを作るほうが良いのが出来てくるなと実感した次第です。

って、もう、当分行かないと思うけれど。

今までのメガネ:結構気に入っていたんですけどね、このフレーム。
oldglasses2012.jpg

新しいメガネ:古いのと傾向が同じ。色は濃いグリーン。実は気に入ってたりして。
newglasses2012.jpg













スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。