アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

このずっと先には、何が待っているんだろう。

「この人たちは、益々丁寧になってるなぁ。」

というのが、今回日本に帰省したときの一番の感想。

まず、空港で飛行機を降りて、荷物が出てくるときに唖然。

なぜなら、荷物がきれいに並んで流れてくるんですもの!

スーツケースのキャスター部分が必ず下になって理路整然と並んで出てくる様子に思いっきり感心してしまって、写真を撮りたかったほど。(あのエリアでの写真撮影は禁止)

アメリカのラゲージ・クレームは、いかにも放り投げられてきましたという感じでグチャグチャになって出てきます。スーツケースが3つや4つほど折り重なって出てくるなんて当然の世界。そんな中から自分のを探し出し、引きずり出すというのが普通。

ほかには…。

日本に帰省するときは家族が空港まで迎えに来てくれますが、今回は、ボウズがどうしても電車に乗りたいというので迎えを断って名鉄&JRで自宅まで帰り着きました。

電車に乗ると、放送で、「~は危ない」、「~に注意するように」、「~をしないよう」、などといった注意がいくつも流れ、「ああ、こんなに沢山の注意事項、覚えてられないわ....。」と不安に。

そこまで細かく言わなくてもいいんじゃないかと思われるような当たり前のようなことにさえ注意を呼びかけているので、何ともおかしな気分になったものの、よく見ると、電車には大人だけではなく小学校の子供たちも大人の引率無しで乗っていたりするので不必要じゃないんだなと理解しました。

日本の子供たちは、学校に行くときも、塾に行くときも、友達と遊ぶときも、子供たちだけで電車やらバスに乗ることをすっかり忘れていました。(アメリカでは、まずない。必ず大人が車で送迎)

だから、子供たちにちゃんと注意を呼びかけないといけないのね。くどいぐらいに。


さて。


実家にネットのアクセスがないので、近所のスタバに。(近所と言っても車で10分)

すっかり見慣れた世界標準のスタバのエントランスをくぐると、(当然なんだけれど)日本人の店員さんが深々とお辞儀をして迎え入れてくれます。

注文を終えてお勘定をするときに、万札で払ったので、おつりが来ました。

店員さんはおつりを粛々と両手で持ち、ゆっくりと数えてくれます。

「まずは、お札の方から。千円、二千円、三千円....。」

終わると、両手でお札を返してくれます。

受け取るほうも、自然と両手になります。

で、受け取った瞬間、店員さんの両手が私の両手の下に行って、下から手を添えてくれるじゃありませんか!それも、とても自然な流れで!!

もう、恐縮しまくっちゃいましたよ。(店員さんがなかなかのハンサムだったということも恐縮の一因)

お札の受け取りが終了すると、今度は小銭の受け取りです。

ほぼお札と同じ流れで受け渡し式典が執り行われ、

「どうもありがとうございました。」

と粛々とお辞儀をして式典が終了となりました。

アメリカだったら、札だろうがコインだろうがみんな一緒くたに、「ほれッ!」みたいな感じで渡されます。

で、こっちもそれに慣れているので、全然気になりません。

「サンキュ~!」

で、おしまいです。


もう、日本にいる間中、行くところ行くところでこんな場面に遭遇して、余りの丁寧さ&細かさに感激しまくりました。
(例えば、包装紙にセロテープを貼るときは、あとから剥がしやすいように片方を折り込んでくれたり…。)

日本人って、凄い!!(でも、なんで、いつまでも景気が回復しないんだ…。)


日本人に住む日本人の友人たちにこんな話をしたら、

「今、日本にはモンスター客ってのがいて、いちいちいちゃもんをつけてくるから過剰なほど丁寧になってるのよッ。」

と教えてくれました。

親切で丁寧な人たちがが一杯いる一方で、「オレ様」も結構いるという日本。

これからどんな発展をしていくんだろうなぁ…。


IMG_0917.jpg

IMG_0918.jpg
アメリカにはないものを、と思って、私は「抹茶クリームフラペチーノ」とやらを注文し、ボウズは「ダークモカフラペチーノ(これは、アメリカにもあるのかな…)」を注文。

余りの重さで、完食できず。もったいない。

あ、ちなみに、日本のワイファイサービスって、アメリカのように誰もが気軽にアクセスできないものだって知ってイライラ。もう、ネット環境に関しては、本当に不便、不便!!技術大国じゃないんかい、日本!!






スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.26(Sun) 12:17        さん   #         

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.26(Sun) 12:24        さん   #         

Post A Comment

What's New?