アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

帰省の予定。

会社から2年に一度、日本に帰省させてもらってます。

今年はその年に当たります。

通常、日本に帰省するのは夏休み中なので、飛行機の手配は4月頃から考え出して、遅くても5月には購入するような流れにしています。

3月頃から、

「日程、どうしよう…。」

と、漠然と考え始め、4月に入ってから旅行エージェントに電話をしたところ、なんだか異常にお値段が高いんです。

「え~、大体、お2人で4千ドルを超えて…。」

とか言い出すので、

「あの、ビジネスクラスじゃないんですけど~。」

と言いますと、

「ええ、エコノミーですよ~。」

と。

とにかく、軒並み1人分往復が2000ドルを超えるんで、上司に報告したり、日程の調整をしているうちに時間があれよあれよと過ぎていって、最終的に1人分往復2005ドルのチケットに落ち着きましたが、これだけじゃないんです。

サーチャージとやらがこれについて、本当の最終価格は1人分往復約2700ドルと相成りました。

もう、叫びたいほどの値段です。

なんで、こんなに高いのか。

ウチの利用する名古屋便がほぼ独占路線だからだそうです。

費用を抑えようと、直行便じゃないルートも考えたものの、金額が半分になるとかはなかったし、太っ腹上司も、

「直行便のほうがいいんじゃない?」

って言って下さったので、そうしちゃいましたよ。

あとから、いろいろな人から聞きましたところ、羽田便が安いとか、ロス経由がお得だとか、シカゴ経由が日系航空会社でお値段&サービス両方が良いとかだそうですが、これは、今後の勉強課題にしたいと思っています。

で、

で、

で、

なんで今の今までこの日本への帰省を発表出来なかったかと言いますと、実は、どうやらウチのオフィスの存続が危ないらしく、近々閉めちゃうかもといういや~な噂が流れているんです。

帰省のための飛行機のチケットは4月中に購入したもので、他人に譲渡は不可(大昔は、出来た)。もちろん、ノン・リファンダブル。

もし、本当にオフィスがなくなっちゃったら、このチケットどうなっちゃうんだろう、って今でも考えてます。

使えばええヤンと思えちゃいますが、会社のお金で買ったものです。

なんか、違うような気がして。

ということで、帰省の日はどんどんと近くなって来てますが、ホンマに予定通り帰省できるんやろうかと不安な日々が続いているのです。

日本に帰省したはいいが、こっちに戻ってきたら速攻で就職活動というシナリオが待っているかもしれません。

今年は20年に一度のとっても素晴らしいことが起こる年だといわれてますが、

「そんなもん、ウソやろ!!」

と空に向かって毒づく私です。

ori2012.jpg
大好きなイタリアを思い出して、心の平安。
無職になったら、イタリアに放浪の旅に出かけます。(うそ)






スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?