アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見られている。

テレビが壊れてしまって以来、なんだかテレビは放ったらかしにしてある我が家です。

32型のブラウン管のテレビはクソ重くてビクともしません。

そんな訳で、あまりテレビを観なくなった最近ですが、ちょっと前まではアクション物に結構嵌っていて、「24」をきっかけに、CSI(日本で言う科研系ドラマ)はその系統のものをくまなく観ていました。

(しかし、CSIマイアミは、なぜだか画面がやけにオレンジ色で、1時間のストーリーが終わると目がとっても疲れたなぁ…。)



で、それらのドラマに共通するシーンというのが結構あって、その中でも容疑者を追跡する場面が大変興味深いんです。

車で後ろから追いかける追跡ではなくって、オフィスに居ながらにしてコンピューターの画面上で追跡するんですね。

「容疑者は、XXXのOOOあたりを逃走中!」

とかいう情報が流れてくると、コンピューターのプロが出てきて、バシバシっとキーボードを叩きます。

そうすると道路画面がオフィスの壁一面にドーンと出てきて、その付近に設置してある監視カメラ画像が何枚も映し出されてその中から該当の車が通り過ぎる一瞬を刑事達が見つけ出し、

「あ!これだ!!!」

と叫び、携帯で指示を出すとヘリコプターが追いかけるというような場面になります。

監視カメラって何とも便利やな~、とテレビの中のお話だと思いながら感心していたのですが、これって、現実にもそうなんですね。



車を運転していて信号待ちをしているときにふと45度ぐらい上方を見ますと、監視カメラがあるんですよ。

片側2車線ぐらいの道路の交差点には必ずと言っていいぐらい設置されています。

小さいのをちんまりとつけてあるので全く目立ちません。交差点のポールの色と同じだし。



あのテロ以来、安全のためにということでこうなっているんだとラジオか何かで言っていたような気がします。

たしか、ロンドンなんぞ町中監視カメラだらけだって言っていたなぁ。

最近は音声も拾えるそうで。



日本もそうなのかしら…。

teisatu_camera.jpg
これが監視カメラ。
写真真ん中のポールの左右先にちょこんとカメラが。
交差点の四隅に設置されています。
ということは各交差点に8つずつってこと。
そんなにたくさん、いつの間に誰がつけたんや?
(夜中にサクっと。)






スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。