アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

「終わりよければ全て良し」な、旅  (((その25)))

さて。

フィレンチェ駅のおばちゃんに散々怒鳴られ、トレノ行きの電車に乗れないことが確定となり、と言うことは自動的にパリ行きの飛行機にも乗れないということで、つまりはフィレンチェ空港で組みなおしてもらった旅程がすべてパ~になってしまいました。

「もう、今日の飛行機は無理やな~。」

などと思いながらも、このまま何にもしないと飛行機の予約が全部キャンセルにされてしまうことが考えられたため、デルタに電話をして仕切り直しをしなければなりません。

腰を落ち着けて対策を考えるに当たり、既にチェックアウトしてしまっていた宿坊に戻ることにしました。

フィレンチェ駅から宿坊までは徒歩15分ほどです。

左手にスーツケース、右手に土産袋を持ってフィレンチェの細い道を宿坊目指して歩いてゆきます。

5分、10分、15分、20分…。

行けども行けども、宿坊が出てきません。

何度も街角で立ち止まり地図を広げて方向の確認をします。

「おかしい。間違ってない…。」

などと言いながら行けば行くほどドツボにハマって行く私。

フィレンチェは道が放射状に広がっているため、1本間違えるととんでもないところに行っちゃうんです。

近道をしようとして入り組んだ道を行ったのが間違いでした。



教訓:フィレンチェを歩くときは、分かりやすいメジャーな通りを歩きましょう。


このお話、まだまだ、続きます。

(もう、いいって????)



スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?