アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物のお世話

水曜日だかの夜に、ウチのボウズのクラスメートのお父さんから電話がかかってきました。

+++

以下、全部英語の会話です。

W氏:「やあ、元気かい?」

私:「あら、Wさん。ええ、元気よ。そちらは?」

W氏:「ああ、ウチもみんな元気さ。ところで、キミの息子さんに、ちょっとした仕事をお願いしてもいいかな?」

私:「何かしら?」

W氏:「来週から始まるスプリングブレーク(春休み)。ウチは一家でフロリダに行くんだけど、その間、次男の飼っているオオトカゲに餌をやりに来て欲しいんだ。どうかな?」

私:「…(ちょっとビビった声で)…、え、え、え、いいわよ…。」

W氏:「あ~、良かった!じゃ、明日の朝、学校に行く前にウチに寄ってよ。どうすればいいか説明するから。ついでにウチのボウズたちも一緒に学校連れて行ってね~。」

++++

ということで、1週間ほどオオトカゲのお世話をすることになりました。

W氏のお家は我が家から車で5分位のところにあって、たま~にウチのボウズと一緒に息子さんたちを学校まで送っていくことがあります。

いつも陽が昇る前か落ちてからお家にお邪魔していたので全然気付かなかったのですが、初めて明るい朝に訪ねていくと、とんでもないぐらいの豪邸でした。裏には池があって、ガチョウかなんかが優雅に泳いでいたりして…。

お家の中にも初めて上げていただきましたが、我が家が5つぐらい入りそうな感じで、

「素晴らしいお家ですね~!」

と言いましたら、

「なかなか気に入った物件がなくて、これ、借り物なの~。」

なんだそうで…。




ところで、オオトカゲのお世話だけではなく、月曜日のゴミ出しと、郵便物の取り込みもおまけで付いてきました。

ま、アメリカでは、良くあることです。(って、ウチだけ???)

スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。