アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thoughts and Prayers

朝、目が覚めると、まず、お布団の中でメールの確認をします。

いつものように、日本にある本社のS君からのメールを読み始めました。

「???」

頭がまだ寝ぼけていて、S君の言っていることが良く分かりません。

もう一度、じっくり読み返します。

+++

XX様(私のこと)


お世話になっております。
ニュースで届いているかもしれませんが、本日、日本で大きな地震がありました。
宮城で断続的に、最大震度7です。
三島でも長い横揺れを感じ、全社員、駐車場へ避難をしました。
米国からのお客様2名も、3度ほど屋外に避難しましたが皆無事です。
(本館はボロいんで、危ないのです)
東北の方では、大きな被害が出ているようです。
津波の被害も大きそうですが、勤務中でTVを見ておらず、また電話も繋がりにくく、まだまだ詳細不明…

+++

やっと言っていることが理解できて、ガバッと飛び起き、リビング・リームに走っていって、テレビをつけるとどの番組も映画のような光景を映しています。

もう、ただただ、流れてくる映像を呆然として観ていました。

はっと気付いて、日本の実家に電話をかけると、全く繋がりません。何度も何度もかけてみましたが、全然駄目。

近所に住むお友達とかに電話を掛けまくって、何か知っているかを問い合わせ。

「日本への電話は、基本、かからないよ、当分は。」

とのこと。



東北の皆さんのことを思うと…。

もう、どう表現したらいいのかさえも分かりません。



募金をしよう、まずは。

CRW_6638.jpg




スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。