アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((その4)))

今回のイタリア行きは、基本、授業の一環「社会見学」ですから、ショッピングとか、グルメとか、そういうのはナシ。

ということで、宿泊先もゴージャスなホテルとか言うのではなく、「修道院付属宿泊施設」でした。

英語でCONVENT(コンベント)とかNUNNERY(ナナリー)と言います。まぁ、日本的に言えば、「宿坊」です。

フィレンチェとローマの両方で、この宿坊を利用したのですが、フィレンチェの方は田舎の尼さんという感じで、とっても暖かくあれこれと面倒を見てくれました。ローマは、さすがに都会だけあって、尼さんたちのどこか垢抜けしていて、フィレンチェの尼さんたちとは随分と違った感じがしました。(暖かいことは暖かいのですが、なんだかサバサバしておいでで…)

何百年も前の修道院の一部を、今は、宿舎として利用しているのですが、何百年もまえは、いま宿舎として利用しているところに多くの尼さんたちが実際に暮らしていたことを思うと、何とも感慨深さを覚えました。

日本の昔の「丁稚奉公」のような感じで、ヨーロッパでも昔は、農家などで生まれた女子や次男以下は思春期を迎える頃に「外に出される」ことが普通でした。口減らしのためです。女子の場合の行き先は修道院で、親が鬼だったりすると売春宿だったりします。

さて。

私の部屋は2人部屋で、シャワー付き。この部屋をクラスメートのMさんとシェアしました。他のクラスメートたちの中には、1人部屋でシャワーなしとかいうのも。シャワーなしとは言え、シャワールームがあちこちにあるので、問題ありません。

部屋にはシングルベッドが2つ、大き目のクローゼットが1つ、物書きデスク&チェアが1セット、それだけです。テレビやラジオや、ましてやインターネットなどは付いていません。あと、壁に、とっても綺麗なマリア様の絵が飾ってあります。

修道院ですから、門限もありまして、夜の11時となっています。当然のごとく、夜遊びは出来ません。

それから、夜の9時以降ぐらいになりますと、音を立てたら申し訳ないと思うほど静かになりますから、実際に話し声もトーンダウンしないとなりません。

ローマの尼さんたちは多少の英語を話しますが、フィレンチェの尼さんたちは全くというほど英語は駄目です。尼さんがイタリア語で喋り、私たちが英語で喋り、でも不思議と話が通じました。

cov007.jpg
入り口のドアは巨大で、「ヨイショ!」といいながらあけないといけないほど重いのです。常に鍵がかかっていますから、ベルを押して入れてもらいます。

cov_courtyard.jpg
修道院の中庭は綺麗に手入れがされていて、バラなどが咲いていました。でも、蚊が多いんです。部屋にまでいて、ベープが各部屋に設置されています。

cov002.jpg
中庭に続く廊下。建物は古くてもピカピカに磨き上げてとっても清潔。

cov005.jpg
中庭に続く別の廊下。左側がお祈りをするチャペルになっていて、定時に尼さんたちがお祈りをしています。

cov_breakfast001.jpg
朝食付きです。コンチネンタルブレックファストですから、パンと飲み物と果物。この写真にあるフルーツ・ドリンクは「激マズ」でした。「マルチビタミンたっぷり!」の表示に喜んで飲んだら、マルチビタミン剤を水に溶かしたような味で、大変な目にあいました。

cov_breakfast003.jpg
で、これが朝ごはん。パン、ズッキーニ・フォカチオ、バナナ、コーヒー。

cov_breakfast002.jpg
もちろん、イタリアにだって、ネスカフェはあります。

敬虔な宿泊体験をしたいと望むなら、女子修道院付き宿泊施設はとってもおすすめ。(男性も泊まれます)

ちなみに、宿泊料金は1泊45ユーロです。(安い!)

スポンサーサイト

Comments

またまたいいよね~ 食べ物の写真が多いような・・・気がしますがそれもまたいいわ~
「山」の感じは日本の中でも地域によって異なるから
自然って偉大よね。
子供ぬきだと旅もまた違った楽しみがあるね~
イタリアって食べ物が美味しいらしいと聞きましたが
どうなんでしょ?

2010.11.17(Wed) 01:55       なさん さん   #-  URL       

コメント有難うございます。

v-373なさん。
へへへ、どうもすぐに食べ物の話になってしまう私です。v-291
でもね、イタリアの食べ物は本当に美味しいよ。はずれがないの!日本のようです。
また、食べ物特集するから~。
毎年行きたい場所です。なさん、本当に、そのうちに行くわよ!

2010.11.18(Thu) 15:15       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?