アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーゴーゴーカート!

ウチのボウズ(13歳)のサッカーチームの打ち上げが近所のピザ屋で行われました。

実はたいして美味しくもないピザを「もとをとるために」食べておりましたら、チームの連中と一緒にボウズが大人テーブルにやってきて、

「ねぇ。ゴーカートやってきていい?みんな行くって言っているから!!!良いよね?????」

と。

いきなりの話で全然意味不明で、

「ピザ食べてるのに、ゴーカートって一体何よ???」

と問いただしますと、どうやら、ピザ屋のすぐそばにゴーカート場があるらしいのです。

「Just across the street(道のすぐ向こう側)!!」

なんだそうです。

ピザ屋はウチから車で2分ぐらいのところで、いわば我が家の超行動範囲内です。で、ゴーカート屋がそのピザ屋の道の向こう側ってことは、知っていて当然なんでしょうけど、そんなの見たことも聞いたこともないわけで、なんだか妙に胡散臭さを感じました。

しかしながら、他の他の親御さんたちが、散々食べてもうすることがないので、子供たちについてそのゴーカート場に向かい始めたため、私もボウズの後を付いて行きますと、

go_cart0011.jpg

こんな看板が!

こんなところに、こんなものが!って感じでした。

実は、この建物の隣で、2年前の引越しのときにトラックを借りた我が家です。こんなのあたっけ????


ということで、中に入っていきますと、こんなことになっていました。以前は、何かの工場たっだんでしょうか。床はエポキシ仕上げ、天井や壁はビームなどがむき出しになっています。そこに、タイヤでレーシングコースが作ってあるのです。
go_cart001.jpg

受付で未成年者は親が同意書にサインをし、10ドルを払います。10ドルで10分間走ることが出来ます。

一度に5台ぐらいがレースをするようですが、いつも車がしっかり整備されているわけではなさそうで、車が壊れてしまったりすると、2台でレースなんてこともあります。(ウチのがそうでした)

レース用のヘルメットをかぶり、車に乗り込みます。
go_cart003.jpg

スタートの声でエンジンを一杯にふかして、後はひたすらグルグル10分間コースを回るだけです。

レース場はガソリンのにおいで一杯になります。ここは、あのニオイと爆音が苦手な方には無理な場所です。
go_cart004.jpg

ということで、ここは冬でもあいているので、冬の暇な日には、もってこいかな。

いい遊び場を教えてもらいました。

写真は、全部、クリックすると大きくなります。




スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。