アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

最近観た映画のお話。

「今日、R君(ウチのボウズ)、お泊り良いですか?」

とボウズのお友達のお母さんから電話が入り、

「どうぞ、どうぞ」

とまではっきり言わないものの、つまりは、

「どうぞ、どうぞ」

ということで、「自由な時間」が確保されました。「やったぁ~」

N家のみなさん、いつも大変お世話になっています!感謝感謝です。

で、ブロックバスターに行ってDVDを借りてくることにしました。

今回のピックは、

(1)ディストリクト9
(2)バーン・アフター・リーディング
(3)おくりびと

の3本。

正直言って、一気に3本はちょっときついかなと思いましたが、(1)と(3)をレジに持って行ってチェックアウトしようとしましたら、レジのお兄さんが、

「今日は、あと1本分ただですよ~。せっかくですから~。」

などと言うもんですから。全然予定外の(2)も借りてしまったという次第。

++++++++++++++

これ以降、ネタばれ的内容が含まれますので、ご注意下さい。

++++++++++++++


(1)に関して。

ごめんなさい、これ、ちょっとグロすぎ。

言いたいことはわかりますが、ちょっと、グロすぎ。男子はこういうの好きかもしれませんね。この映画が結構流行ったのは、ちょっぴりもの哀しいグロさが良かったからなのかしらと。

ストーリーは、「ハエ男」と「エイリアン」と「メン・イン・ブラック」と、あと、何かしらのB級SF映画を足して4か5で割ったような内容です。「なんだか、聞いたことあるような話ねぇ」と思いながら観てました。

この映画は南アフリカ発だそうです。知った俳優は1人も出てなくて、英語に聞きなれないアクセントがあります。

最後のシーンは、ちょっぴりメルヘンでいい感じ。

(2)に関して。

全然、借りるつもりのなかった映画。

まぁ、なんとも、俳優さんたちが豪華、豪華!そして、うまい、うまい。

ということで、ブラッド君はすっかりこの豪華俳優群の影に隠れてしまった感じ。ジョージ君も出てるしね。この豪華キャストにジョージ君、ブラッド君が出ているから話題性200%の作品にもかかわらず、これじゃぁ不発・不振に終わるわな~って感じの映画でした。残念!

それから、ブラッド君のおバカキャラもちょっと苦笑対象です。あ~いう役は今後やらないほうが良いと思います。

(3)に関して。

借りてきた3本のなかで、一番、というかダントツピカイチの映画でした。全編日本語で、下に英語の字幕が出てきます。

途中、日本語でぼそぼそ話していて聞き取れないところは字幕で確認。

あるいは、日本語をききながら英語字幕を読み、

「ちょっと今の英語、説明不足なんじゃな~い??」

なんてエラそうなこといいながら観てました。

実は、辛気臭い内容かなと、借りるのをちょっと躊躇しましたが、借りて本当に良かったと思える作品でした。

もっくんの静かな気迫が全編に美しく流れています。

これ以上の説明は控えますので、皆さん、是非、ご覧下さい。日本にお住まいの方は「ツタヤ」に走り、アメリカにお住まいの方は「ブロックバスター」に走ってください。(っていうか、インターネットで探せるかな?)

++++++++++++

おまけ

++++++++++++


また、ボウズのお泊りが続きましたので、もう1本、借りてきました。

ずばり!

「イングロリアス・バスターズ」

アカデミー賞などで、結構話題になっているので、

「とりあえず、観とこ…」

ということで。

(2)のような感じで、豪華俳優群!特に、クリストフ・ヴァルツのうまさには舌を巻いちゃいました。

「何だ、こいつは!!!!」

と思わせる演技のうまさ。あそこまで行くと、演技の領域じゃなくて、もうご本人様って感じです。

世界中に山ほどいる俳優の中から、この役向けにピンポイントでこのヴァルツなんてすンごい俳優を探し出してきたタランティーのは凄いとしか言いようがないなぁ。

(2)以上にブラッド君は、影が薄くなっちゃったって感じで。

作品は、なんだか、「漫画仕立て」になっています。

ご自分の目でお確かめください。ま、お勧めといえば、お勧めです。(どっちや?)



スポンサーサイト

Comments

No title

イングローリアスバスターズは見たい!みたい!です。私はなんだかんだいってたらんちーの天才!と思います。まんがだよね。私はキルビルとか正視できない(グロすぎ)ですがあの漫画仕立ては笑ってしまいます。

2010.02.26(Fri) 12:48       uta さん   #FvEjKfs.  URL       

コメをサンクスです。

e-90U姫
バスターズは是非ご覧下さい。タランチーノは本当に超奇人変人的でいいね~。総統役の俳優さんも、実はお上手ね~っと感心しました。ヨーロッパには、うまい俳優ゴロゴロだなって感心しきり。うん、でも、確かにグロでした。「ウワっ」って言いながら、指の間から見たシーン、結構ありましたよぉ。

2010.02.27(Sat) 09:03       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?