アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

方向音痴

アメリカの道路は本当にわかりやすく出来ています。

殆どの道路は東西南北にきれいに走っています。たま~に斜線的に走る道路があるものの、それは例外的存在なので、あまり気になりません。

また、すべての道路に名前がつき、すべての建物には番号がふってありますから、行きたいところの検索が大変しやすく、たとえばグーグルマップ等を利用すればナビなしで目的地までスイ~っと行けちゃいます。(グーグルマップの場合、アメリカの住所を入れても、日本語で行きかたが出てきます。)

さらに、アメリカ全土に張り巡らされている高速道路にもちゃんと法則があり、東西に走る高速道路は偶数番号、南北に走る高速道路は奇数番号が原則になっています。

ですから、16歳で免許取立ての高校生でも、免許暦70年以上の高齢ドライバーでもスルスルどこにでも簡単にいけるんです。理論上は

と、なんともすばらしい道路事情があるわけですが、この事情をうまく活用できるか出来ないかは個人個人の方向感覚任せとなります。

私は、現在、デトロイト郊外の北東部に住んでいます。ですから、この辺の地理はとてもよく理解しています。道路の名前から各地域の名称から主要情報は頭の中にしっかり入っています。つまり、地図が頭の中に入っているわけです。

しかし、デトロイト郊外の北西部や南西部のことになりますと、とんとわけがわからなくなってしまいます。全く別の星にいちゃったかのようになってしまうのです。つまり、頭の中に北西部・南西部の地図は存在しないということです。日本語でプリントアウトしたグーグルマップが全く役に立たなくなります。グーグルマップを左手で握り締め、ハンドルを右手で回し、目的地を探す様子は悲壮感一杯です。

でも、まだ私は随分マシな部類のようで、超方向音痴な日本からの出張者H氏や、最近車の免許を取ったばかりの友達のAさんは、一度迷いだすと普通じゃ想像もつかないところに行っちゃいます。どうしてそんなところにたどり着いちゃったかを聞きますと、

「あそこでさ~、右に曲がって、それから左に曲がって、そのあと上に上がって(え?飛行機に乗っていたの?)、そのすぐあとの角を左に曲がって…までは覚えてるんだよね~。」

というような説明をして下さいます。

つまり、東西南北という感覚がないんですね。

ぜひとも、道路は東西南北で覚えてください。

道路を上下左右で覚えてるのはまことに危険です。
(道路を上下左右で言う人たちのことを「天動説な人たち」といいます。自分中心に東西南北が変化するって…。涙)


スポンサーサイト

Comments

がんばって東西南北を考えようとするんだけれどもできないということは方向音痴なんだな~、きっと。

一応地図は読めるけれどもね。私の車のGPSは「北が常に上」に設定してあります。普通の人は「進路(進む方向)が常に上」です。だから道を曲がるたびに進行方向が上に向いていくんです。

多分方向感覚のある人が「上が常に北」だと次に右に曲がるのか左にまがるのかぱっとわかるらしいんですが(私の主人)凡人は「進行方向が常に上」というほうがわかりやすいはずです。KEさんは方向感覚があると思います。いやあコレは本当にDNAだと思いますよ。私のDNAには方向感覚が刻まれていない・・・。

2009.07.31(Fri) 00:18       uta さん   #FvEjKfs.  URL       

コメント、感謝です。

v-231U姫
GPS付きの車とは豪華ですね~(って、それが普通なんでしょうね~)
GPSは着いていると便利だなとは思いますが、たまにGPSの示す以外の道を通ろうとするとそれを阻止するような行動を取られますから、むかついたりします。(機械相手にけんかを売る私…)
方角に関しては、本当に苦労しますね。女性の脳はそもそも地図を理解するつくりになっていないんだそうです。だから、地図読めなくて良いんだと解釈するようにしています。道を知っているのは、決して地図が読めるからというわけではなく、ただ慣れた道だということなのかなと理解してます。

2009.08.07(Fri) 13:04       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?