アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

コンパは、たのし。

10月18日のブログに、こんなことを書きました。

貧乏学生のやること。

ま、いわゆる、合コンのお話です。

今日は、年末で、仕事もお休みで、たいして面白いお話も浮かんできませんから、このお話の続きを書こうと思います。

合コンに行きますと、早い場合、次の日に、「食事でもいかがですか~。」というような電話がかかってきます。

私が2年間住んでいた女子寮は、門限が11時、電話番は寮生が交代でやります。(当時は携帯なんで便利なシロモノ、なかったしな~)

バイトやらサークルやら(決して勉強ではない、というのがミソ)で忙しくしていた私は、毎日11時ギリギリに寮の門をダッシュでくぐっていました。門限を破ると、「始末書」を書かされるんです。

さて。

H大と合コンをやった後、1週間ぐらいズーッと毎日私に電話をかけてきた人物がいたらしく、でも、私はずっと寮にいなかったので、その人物がだれなのかさっぱり分かりませんでした。こっちから折り返しの電話するにも、相手が電話番号をおいていかなかったし…。食べた料理すら覚えていないぐらいで…。ま、縁がなかったということで。

で、ですね。

T大ともあったんですよ、合コンが。

「理I(いわゆる、工学部)の連中が合コン相手だから、是非、行くように!」という悪友たちの強い押しで、参加する羽目となりました。

T大の、それも理学部の学生なんて、宇宙人と同じで遭遇したことがなくって、恐る恐る付いて行きました。そして、いつもの如く、出来る限り隅のほうに陣取り、こそこそと栄養補給に勤しんでおりました。

T大の皆さんの自己紹介はなんとも凄くて、

「理IのXX専門で、XXXを研究して、将来は、院に進んでXXをしようと思っています。」

みたいな御仁ばっかりで、もう、別世界です。

でも、お酒が回ってくると、なんだか私たち地上の人たちとグンと近くなって、アホな話が弾みます。でも、いくらアホな話でも、やっぱり、どこか違うんです。「頭の良いアホな話」なんです。やっぱり、T大は違うな~、なんてとっても感心しながら拝聴致しましたよ、頭の良いアホ話を。

イメージ的には、「T大=堅物=面白くない」というような、全くもってアンフェアなことを想像しておりましたが、全然違っていたのです。みなさん、普通の人間で、ただ、とてつもなく頭のいい人たちだというだけの違い。(ま、もちろん、頭良すぎて、あっちの世界に行っちゃっているような御仁もいらっしゃるようですが…)

私の隣の席に、何人か入れ替わり立ち代りT大生が座ってきましたが、いつもの如く、話しかけられても、「あー、そうなんですか~」とか、「へ~、そうなんですか~」みたいなカラ返事ばかりでしていました。(科学的な話をされてもちんぷんかんぷんだし…。)

で、次の日。

たまたま、バイトとかサークルとかのない日で、珍しく明るいうちに寮に戻っておりました。

すると、寮内放送で、

「2年生のMさん(私のこと)、Mさん、お電話です。受付までおいでくださ~い。」

と呼ばれました。

パタパタと上履きスリッパの音を鳴らしながら1階まで降りていって、電話機をとりますと、

「あの~、昨日、コンパでご一緒しましたAと言いますが~。」

とのこと。

そして、

「覚えていらっしゃいますか~?」

と。

+++

この続きは、また後ほど。

ちょっと、長くなっちゃいました。










スポンサーサイト

Comments

何で~いいとこで終わっちゃうの?
早く続きを書いてよ!

こちらは、三連休でしたが初雪が降って寒いのなんのです。お正月が暖かかったからその反動が大きいわ。
31日に10人ばかりで同窓会をやる事になりました。
いつもの決まったメンバーが集まる事になりそうです。

2009.01.12(Mon) 21:16       なさん さん   #-  URL       

コメント、有難うです。

v-275なさん。
ふふふ。そのうちに続きを書きますとも。プチ同窓会、いいですね~。男子はすっかりおっさんなんでしょうね。(自分のオバサンぶりはすっかり棚に上げ…。)皆さんによろしくお伝えください。(って、覚えているかしら。)

2009.01.13(Tue) 13:23       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?