アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

イギリスに行ってきました。

チューダー調の建物

というのは、真っ赤なウソです。
でも、このチューダー調の建物はなんとも英国風です。

ウチから北に20分ほど車で走ったところにカンタベリー・ビレッジなる巨大クリスマスショップ兼レストランがあります。

ロチェスター・ヒルズ在住の日本人の方によるブログにこのカンタベリー・ビレッジのことが書かれていて、こんなものがこんなに近くにあることを初めて知りました。

「ビレッジ」というぐらいですから、敷地内には、このようなチューダー調の建物が複数並び、なんだか映画のセットのようです。

タワー1
こんな丸い棟も付いています。

タワー2
ちょっと暗いのですが、全体はこんな感じです。丸棟は建物の端っこに。

全体の感じ
このように建物にラインを入れて飾るのはチューダー調の特徴。現代のアメリカの一般住宅にもこの様式は取り入れられています。チューダー調家屋は確かに結構あっちこっちで見かけます。

外観は以上のようにとても英国的雰囲気があっていいのですが、実は中身がちょっといただけません。アメリカン・カントリー調にゴテゴテと飾り立てられ、なんともチープになっちゃっているのです。全然英国的じゃぁないのです。建物の中に入ったとたん、目を覆ってしまいました。

ここはやっぱりアメリカ
雰囲気ぶち壊しのセンスのないツリーとキルトの雑な陳列。せっかくのウッド・パネルが台無し。

少しはましな帆船
これもちょっと暗めですが、建物の中。なかなかセンスのいい帆船模型が飾ってありました。

派手な絨毯
こんなガラの絨毯が敷き詰められていました。

さて。

敷地エントランスを入ってすぐの建物はクリスマスショップです。クリスマス関係のアイテムが所狭しと並べられています。1年中クリスマスをやっているという感じです。

レストランは別の建物です。クリスマスショップを出て北方向にあります。

レストランエントランス
これがレストランの目印。

レストランは、アメリカのレストランですから、いかにもアメリカ人が食べるようなメニューとなっています。

実は、昨日は友達のお誕生日だったので、この場所に行ったのです。
お友達はサーモン(18ドルぐらい)、ウチのボウズはフィレ・ミニヨン(20ドルぐらい)、私はチキン(18ドルぐらい)を食べました。まずまずのお味でした。一番おいしかったのは、焼きたてのディナー・ロール(パン)。

この不景気で、お客は私たちのほかに2組だけ。

なんとも静か~なレストランでした。

今は、クリスマスシーズンなので、ビレッジ全体がクリスマスの装飾でとても綺麗です。
レストランは無視して、クリスマスショップと建物を見るためだけに訪れてみてはいかがでしょうか。

写真はクリックすると大きくなります。くらーい写真もちょっとは見やすくなります。

スポンサーサイト

Comments

近くに住んでいる自分が知らないことを知ることができる、ブログの良いところですよね。
本当にお客さんが2組とは寂しいですね。私もフィレミニョンすきです。出来立てのパンというのは本当に何にもかえがたいくらい美味しいですよね。

2008.12.08(Mon) 02:40       uta さん   #FvEjKfs.  URL       

コメント、有難うございます。

v-484U姫
ブログって~のは、本当にはまります。相性のよいブロガーさんのサイトは必ず毎日行っちゃいますから。勉強になります。
ミシガンは本当に景気悪くてさ~、レストランなんて月曜日はガラガラ。このまま州ごとなくなっちゃうんじゃないかと思うぐらい。
日本からパン焼き機を持ってこようかどうか考えちゃいますが、近所においしいバンやさんあったりするので、無駄になるかも。プロの焼くパンが一番。

2008.12.09(Tue) 12:52       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?