アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

また、野球を観に行く。

R氏から電話。

「良い席があるんだ。野球観に行くぞ~。」

ということで、R氏、R氏の奥様、ウチのボウズ、そして私で、デトロイト・タイガーズの試合に行ってきました。ロイヤルズ戦です。

水曜日の夜7時5分がプレイ開始。

秋が近いので陽が落ちると球場はとっても寒くなります。防寒具をしこたま持って球場入りです。

「良い席」

というのは、本当にいい席で、タイガーズ選手ベンチの真上でした。

私は、スポーツファンじゃないので、「ああ、そうですか。」という感じですが、ウチのボウズはすっかり興奮してしまって、グローブを左手に、カメラを右手に持って観戦です。

試合が始まる前。席は、まだガラガラ。デトロイト・アスレチック・クラブ(高級会員制クラブ)の駐車場から撮った写真。
おなじみの球場

必ず国歌斉唱があります。今回の国家はちょっとカントリー調。黄色のシャツ来たおじさん、ちょっとジャマ~。
国歌斉唱

審判のおじさんたちが、試合前に打ち合わせをします。
試合前の打ち合わせ

試合前だと、気軽にサインに応じてくれます。よく打つ「オドーニエ」選手。
クルクル・カールした髪がチャームポイント。
サインして~

ピッチャー、投げました!
投手

デトロイト・タイガーズの名物キャッチャーはヤンキーズに移籍。ウチのボウズ曰く、「裏切り者~」。
キャッチャー取りました!

え?フライ??
空振り?

え?打った??
打った?

き、きたよ~。
よっしゃ~

ベンチの屋根に応援団はいません。
デトロイト・タイガースと言う文字が大きくかかれています。
ベンチ屋根

こんな良い席があったら、また連れて行って欲しいと思っている図々しい我が家です。








スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?