アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

ちょっと凝り性

アメリカのキッチンには大抵ディッシュ・ウォッシャーがついています。でも、自分で洗ったほうが早いのでディッシュ・ウォッシャーは食器入れとして使っています。
ある日ある時、物凄く手が荒れていることに気付きました。ハンドクリームや切り傷用の薬が全然効かず、「痛いな~」と思っているときに、朝日新聞のコラムで「石鹸の話http://www.tanupack.com/tanupack/sekken/index.html」なるものを読みました。
「これだ!」と思って、食器用洗剤とシャンプーと洗濯洗剤を作新したら手荒れがすっかり治ってしまったのです。
食器用洗剤は日本でも売っているエコベール(http://www.ecover.co.jp/)、洗濯洗剤もホールフードで売っているオーガニックなもの、シャンプーはカスティリア石鹸を使っています。
この「シャンプーが石鹸」というのがマニアックで重要な点です。以前はダブやパンテーンを髪がツヤツヤ・サラサラになるので喜んで使っていましたが、もういまは使う気にもなれません。髪も体も顔もぜーんぶ石鹸1つで済ませています。石鹸洗髪で気になるのは洗髪後のごわごわ感。これは、ビネガー(そうです、「酢」です!透明な酢がいいでしょう)やレモンジュースで解決されます。「え~、ビネガー!!!」とビビルかもしれませんが、ビネガーのにおいは洗い流してしまえば完全に消えます。
カスティリア石鹸には色々な種類のものがあって楽しめます。
昔、カスティリア(スペイン)の王様が、当時は高級品だったオリーブオイルで作った石鹸を使っていたそうで。
洗髪も石鹸で

スポンサーサイト

Comments

試してみようかな♪

2007.09.29(Sat) 17:16       uta さん   #FvEjKfs.  URL       

オリーブ石鹸

本当は、本当のオリーブを使った石鹸がやはり一番体には優しいように感じています。このカークス石鹸はココナッツオイルなんです。ちょっと前まで1ドルだったのに、最近2ドル近くまで値上がりしました。
品質のいいオリーブ石鹸は1個3ドルぐらいからありますが、フランス製のものはやはりちょっと高め。ドクターブロナーの石鹸が日本でも流行っているようですが、これもちょっと高いかなと思っています。
日本だったら、100円均一ショップで無添加石鹸を買えばいいのですが。
いずれにしても、子供には、あまり化学物質の入っていないものを使いたいなと。

2007.10.01(Mon) 10:02       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?