アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お家を買う。第一話

って、もちろん私のことではありません。

お友達の日本人ご夫婦がこちらでお家を買うことになり、お手伝いをしました。

何しろ、私だってお家なんぞ買ったことがありませんので、全てが初めてで、でも、とっても勉強になりました。

基本的な流れは、こうです。

(1) いい不動産屋さんを紹介してもらう。
(2) その「いい不動産屋さん」に、要望を伝える。住みたい地域、バジェット、お家のデザイン、など。
(3) 自分の提示した要望に基づいて不動産屋さんが物件を見せてくれるので、その中からピンと来たものを実際に見せてもらえるようお願いする。
(4) 不動産屋さんと一緒に物件を現地に見に行く。
(5) 自分の要望内容にぴったり合った物件にめぐり合えたら、買う決心を不動産屋さんに伝える。
(6) 「では、売主にオファーを出しましょう!」ということになる。オファーとは、売主に対して、「この金額で売ってください」と正式に金額提示をすることです。

と、書いてしまうと簡単ですが、ここまでくるのは結構大変です。

ちなみに、6番だけでも4時間ぐらいかかりましたよ~。

お家を買ったことのない私は全然知らなかったのですが、売主に「$XXXXで売ってよ~!」って伝えるという行為が、そう簡単には出来ないようになっているんです。

やっとのことで5番までたどり着きますと、不動産屋さんが、おもむろに、

「では、書類を用意しなきゃ」

と言って、引き出しから書類を出し始めます。1枚、2枚、3枚、4枚、と引き出しから出てくる書類がどんどんと増えてきます。

「まだ、あるんかィ!?」って言うぐらい出てきます。

どんな書類が出てくるかといいいますと、

A この不動産屋さんが、本件担当だということを明言する書類。
B この不動産屋さんが、ちゃんとした仕事をしますよという宣誓をする書類。
C この不動産屋さんの役割を説明した書類。

こんなの必要ないじゃないの~、というぐらい重箱の隅を突っつくような書類が出てくるんです。そして、一つ一つの書類の内容を不動産屋さんが読み上げて、買い手がちゃんと理解しているかどうか確認しなければなりませんから、大変です。それも、今回の場合、不動産屋さんが英語で言った内容を私が日本語に訳してお友達ご夫婦に伝えるもんですから時間がかかります。ちゃんとご夫婦がりかいを示したところで、書類にサインがされます。

他にも確認書類が山ほどありまして、それら一つ一つ日本語で説明、そしてサインという作業を延々とやりましたです、はい。

これだけ「確認」書類が沢山あるのは、恐らく過去に「口約束・口説明」だけで不動産の売買をしていろいろ悪さをした人がいたから、制度がここまで超整備されてしまったんでしょう。もう、とにかく、何でもかんでも書類なんです。

一連の確認書類へのサインが終了しますと、やっと提示金額を書類にします。

「$XXXXXで、売ってや~」

と電話一本で、というのはありえません。

「$XXXXXを提示します。つきましては、この金額提示書類受領後24時間以内に書面で以ってご返答ください。うんぬんかんうん…。」

要約するとこうですが、実際には一面ビッシリ専門用語の正式文書が売り手に送られていきます。

売主が一発でOKと言うこともありますから、提示金額をベースにローンを組む手続き書類も平行して進めます。

また、このタイミングで、買い手が「本気」だということを示すために、手付金を出さなくてはなりません。このお金は、もしこのお話がポシャってしまった場合、返ってくるお金です。通常、購入予定金額の2%ぐらいだそうです。(こんなのがあるなんて、全然知りませんでした~。)決まった場合は、このお金が購入金額の一部に適用されます。損しないようになっているのです。

なんだか、疲れたので、以下続きということで。まだまだ続きます…。


スポンサーサイト

Comments

こんにちは、A2のしげちゃんです。 私も2002年に家を買いましたが、すごい書類の数でした。 私の買った家(今住んでいる所)は、すごく人気のサブディビジョンで、最初にオファーした物件(今の家の斜向かいの家)は、市場に出て3日目で"Sold"となってしまい、Beat(買いたい人が2組以上いる場合、金額を競っていく方法)もさせてもらえませんでした。 結局、今の家は市場に出たその日に不動産屋さんから連絡があり、同じ日にオファーを出しました。 その時に銀行の住宅ローンを組める(この家がちゃんと買えます)という証明も一緒にくっつけて出しました。 それでやっとGETできました! あとで、聞いたら私の他にも2組オファーがあったそうです。
家のオーナーからO.K.の連絡が来ると、もっとすごい書類の数になりますよ! それにHome Indpectionとかもあるし…。 さらに不動産専門の弁護士も雇わないといけないし…。 がんばってください!!!

2008.08.13(Wed) 14:02       しげちゃん さん   #-  URL       

コメ、サンクス。

v-490しげチャン。
そうなんです。まだ序の口なんで、これからが大変そうです。なんだか、こんなことしていると、自分ではお家なんかいらないな~、って思っちゃいます。なんだか面倒で。賃貸なら、3ページぐらいで終わりですし…。

でも、大きな庭が欲しいな~、(誰が芝刈りするんだ???)

2008.08.14(Thu) 11:00       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。