アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

夏の催し物

サマー・タイム(英語で正式には「デイ・ライト・セービング・タイム」と言います)を導入しているミシガン州は夜9時過ぎでも外が明るく、夏の間は寝不足気味になります。

夜になってもずっと外が明るい中、各地でいろいろな催し物が行われます。

私の住むミシガン州ロチェスター市には昔からずっと大切に保存されているダウンタウンがあって、そこでもあれこれとイベントが計画されています。

「ムービーズ・イン・ザ・ムーンライト」というイベントは、まさに字の如く、広い駐車場に設置された大型スクリーンで映画を無料で観るものです。夜8時半にプレ・ショーが始まり、日没を合図に映画の上映となります。

7月12日   トランスフォーマー
7月19日   ギャラクシー・クエスト
7月26日   シュレック・パート3

星空の下で映画を観る

(見辛いのでクリックして大きくしてね。この写真はロチェスター市の広報誌から無断拝借してきました…。宣伝しているんだから、許して!)
折りたたみのバカンスチェア、敷物、食料、飲み物は必須アイテムです。
ちょっと早く行って場所取りをします。

ロチェスターのダウンタウン以外でも、夏ならではのイベントが行われています。

ロチェスター市の隣のロチェスター・ヒルズ市に、「メドウ・ブルック・ミュージック・フェスティバル」というコンサート会場あります。

家族向けのイベントは、

6月29日
ナルニア物語(第一話) 14時と19時(14時の方は芝生席あり)

7月26日・27日
デトロイトシンフォニー  20時(26日)、19時半(27日)開始 両方とも芝生席あり

とか、
8月7日  マンハッタン・トランスファー 20時

なんてのもあります。星空の下、マンハッタン・トランスファーなんて聴いたらいいだろ~な~。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?