アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

英語が話せるようになるということ

「ぼかぁね、英語なんて3ヶ月で話せるようになったよ~」
と言うのはウチの愚息。ま、3ヶ月と言うのは大げさにしても、確かに知らないうちに話してました、英語。こちらに来て最初の1年、日本人など一人もいない幼稚園に行っていたのが功を奏したようです。
子供の場合、大抵、1年は苦労します(キッパリ)。日本で英語を勉強してきたとしても、こちらに来て特別な英語教室にいったとしても、英語だけでなくこちらのやり方などをちゃんと理解して「問題なくアメリカの学校に行けるようになる」にはやっぱりある程度時間がかかるものです。
子供達の苦労は、親の私たちが理解できないぐらいなんじゃないかと想像します。確かに、子供は覚えるのが早いなんていいますけど、言葉を覚え、文化を理解し、友達を作り、宿題をこなし、更に土曜日には日本人補修校に行く、という大変に濃い人生を「まだ子供」がしょってるんですよ~。(ま、日本にいたらいたで、別の苦労もあるでしょうが…)
子供の場合、英語が話せるようになると、今度は日本語の維持が大変。ウチのボウズの場合、すっかり「ヘンな日本人」化してしまいました。たとえば、日本語を話す時、助詞が抜けるのが典型。また、日本人なら「わかってる!」と言うところを、「知ってる!」と、なんとも英語の単語をそのまま日本語に置き換えただけみたいな言い回しをします。とほほ。
タイガーズを観に

米人の友達と野球を観に。タイガーズ・コメリカパーク球場にて。早めに行って最前列でサインをもらおうとしている。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?