アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カ、カ、カ、カラマリ、プリ~ズ!

土曜日のランチ。

行って来ました、マジア~ノ。イタリアンです。
http://www.maggianos.com/
(え!全米でチェーン店展開してるのね…。知らなかった…。)

実は会社のすぐ近くにあるので、いつか行こう行こうと思いながら、まだ行ったことのなかったレストランです。

元図書部のメンバー2名が日本に帰国ということで、フェアウェル・パーティーだったのです。あ~、どんどん人が減ってゆくぅ。

さて。

待ち合わせの時間、11時にレストランに到着すると、まだ、中はガラガラ。私たちだけかしらん、とちょっと心配に…。とにかく、どっ広いレストランなんです。

あれこれ考えた結果、今回は「ファミリー・メニュー」で行くことに。「4人以上のグループにぴったり。10人以上のグループだったら絶対にお勧め」といううたい文句がメニューに書かれてありました。

ファミリー・メニューは、

前菜ディッシュ
サラダディッシュ
パスタディッシュ
メインディッシュ
デザートディッシュ

で成り立っています。それぞれのディッシュにいくつかのチョイスがあって、各ディッシュにつき2つずつチョイスを選ぶことが出来ます。

全部で10ディッシュ出てくるわけですから、大変な量です。それも、おかわり自由です。気に入ったディッシュがあったら、「もう一杯!」と注文できます。

日本人的にはサラダディッシュを終わったあたりでおなか一杯になります。少なくとも、アメリカに来たばかりの日本人だったら、最後のデザートまで辿り着けないんじゃないかしら…。アメリカに長く住む日本人だったらへっちゃら。無限に出てくるイタリアンブレッドと一緒にパスタを難なく食べることが出来ます。(ダブル炭水化物攻撃)

楽しくおしゃべりをしながらテーブル一杯に並んだお料理を食べて、なんとも嬉しいひと時でした。
いつの間にか、レストランがランチ客で一杯になっていたことに気付かないほど、食べるのとおしゃべりに夢中でした。

ちなみに、このファミリー・メニュー。1人当たり日本円で2000円ぐらい。残ったらお持ち帰りも出来ます。

前菜で出てきたカラマリが意外とおいしく、一皿目をバンバン食べておかわりをして、おかわりで出てきた分はホンのちょっとだけ手をつけて、あとはお持ち帰りに。アメリカでは日本人的奥ゆかしさを忘れることが(たまに)必要???

ついどんどん食べてしまうカラマリ。ころもが分厚すぎず上手な揚げ加減でした。
テンコ盛りカラマリ


メインディッシュ・チョイスのひとつ。シュリンプ・オレガナータ。
名古屋人に海老は必須


定番スパゲッティ-・ミートソース(左)とエッグプラント・パルメザン。ミート・ボールがでかい!
トマトソースの嵐


これも定番ティラミス。そして、アップル・クロスターダ(いわゆるイタリア風アップルパイ)。デザートは元気よくおかわりしましたよ~。明らかに、別腹。
デザート2種







スポンサーサイト

Comments

カラマリ

って、なんですか??と聞こうと思ったら、「イカ」のことなんですね~
イカのから揚げを「カラマリ」というって解釈でいいのかしら??

イカはわたしも大好きなんですが、調理が面倒な私はついついイカ刺しにしてしまうことが多い

日本に帰ってきたら、丁度夏イカの最盛期かもよ??
ワサビ醤油もいいけど、おろし生姜とめんつゆで食べるのも美味しいよ~

2008.06.09(Mon) 21:42       たれぞ~ さん   #-  URL       

マジアノにいくと、必ず、お腹を押さえて、転がりながら店からでてくる羽目になるよね。おかわりできてお持ち帰り自由なんてなんて、懐でかいというのかか、採算考えてないというのか、、、、。だから、アメリカってデブが多いんだね。こんなに一杯食べさせられるから。お持ち帰りも、多すぎて、結局捨てちゃったりすることあるし。

日本と比べて、アメリカでは”もったいない”っていう観念が少ないような。料理番組みてたら、レタスの下のほうを、ぼかって4分の1位、切り捨ててた。日本じゃ、キャベツの芯を残さない料理法とか、色々節約の方法を考え出すけど、こっちじゃそんなの見たことないよ。食べ物でも、日用品でも、クレジットカードでぼこぼこ買って、ぼこぼこ捨てて、、、、 あ、何か、文句ババアになってきた、、、。

2008.06.10(Tue) 13:01       えのち さん   #-  URL       

コメント感謝ッス。

v-372たれサマ
そうなんです。カラマリってイカのから揚げ。米人が唯一食べるイカ料理。(って、カラマリでさえ、気持ち悪いって食べないのが実は普通だったりします。イカとかたこってダメみたい。それから、もっと凄いのは、魚は釣るもので食べるものじゃないと信じている人が結構多いということ。)
もちろん、なまのイカなんて食べれませんよ、こわくって。日本レストランでイカの寿司は出るけれど、やっぱりグニャグニャしておいしくありません。
寄生虫…いやいや、「帰省中」に瀬戸内海に面したところに遊びに行くので、そこでこれでもかっていうぐらい海産物を食べようと決めています。とれたてのアジの刺身!とか…。

v-372えのち
そうよね~。もったいないって英語にないしね~。何でもかんでもどんどん捨ててるよね~、この国の人達。

ピザなんて、パパロニだけ食べてあとの部分は捨ててるシーンを見たことあるよ。「パパロニだけ買ってきて食えよ~!」と突っ込んでしまいそうになりました。

ウチのボウズは、日本人学校の社会の授業で「お米が出来るまで」を勉強してきて、お米を大切にしなきゃならんということを自分で言い出しました。

やっぱり、教育って大事だなと感じた一瞬でした。

でもさ、アメリカって、農業の大変さを伝えるのって難しいかもね~。ドデカイ土地にドデカイ機械を使って大雑把にモノを作っているから…。

2008.06.11(Wed) 09:42       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。