アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を正しく。

通勤は車でしています。そして、運転中は、ずっとラジオがついています。

私のお気に入りは、CBCというカナダのラジオ局(www.cbc.ca)です。車で30分も走るとカナダですから、電波もきれいに入ってきます。

この局は、基本的にクラシック音楽中心ですが、1時間ごとにニュースと天気予報をやってくれるので、大変便利なんです。

ニュースは、地域のニュースだけでなく国際情勢も詳しくレポートするので、アメリカのラジオ局よりずっと質が高いと思います。天気予報は、気温を摂氏で言ってくれるので、アメリカの華氏温度に未だになれない私にはとっても嬉しい。

さて。(いつも前置きが長い私…)

昨日、いつもの如くラジオを聞きながら運転していましたら、ボストン大学の卒業式(コメンスメントと言います、英語で)で著名な歴史家・作家デビッド・マクローが卒業生に贈ったお祝いの言葉が紹介されていました。

長いお祝いの言葉なので重要ポイントはいろいろあるのですが、その中でも特に印象に残ったのは、

「ちゃんとした英語を話しなさい」

というもの。

英語だけに限らず、時代が変わると言葉もどんどん変わっていきます。

日本語も同じです。江戸時代に話されていた言葉をそのまま話す人はいません。昭和時代の言葉すら、いまそのまま若い人たちの前で使ったら通じなかったりして…。

マクロー氏は具体的な例として、文章の中でやたらに"like"と"you know"と "awesome"と "actually"をやたらに使うなとアドバイスしています。

確かに、この4つの言い回しは若い人たちだけでなく、アメリカ国民みんなが頻繁に使っているように感じられます。英語が母国語じゃない私も、よく使ってますよ、そういえば!

「ライク」というのは、動詞「好き」という意味のライクではなく、形容詞「~のような」のライクですが、もう少し日本語的に言いますと「っていうかさ~」というようなニュアンスです。コメディアンがお馬鹿なティーンネイジャーの真似をするときにこのLIKEをやたらに文章中に入れますが、物凄く雰囲気が出るぐらい知性とか教養の全く逆をゆく言葉です。

「ユ~ノ~」はそのまま日本語にしますと、「知ってるだろ~」となりますが、会話の中では、「あのさ~」とか「えっとさ~」とか「ほら~」のニュアンスです。何かについて喋る際に今ひとつ自分の言いたいことがまとまっていない時、この「ユ~ノ~」がやたらに使われます。

「オ~サム」は辞書をひきますと「畏敬の念を起こさせる」とか「うやうやしい」とかと説明されていますが、そんな高尚な意味じゃありません、口語では。「すんげ~」「やりィ~」とかがニュアンス的に最もあっているような気がします。

「アクチュアリ~」というのは「実際さぁ~」とか言うニュアンスで頻繁に登場します。場合によっては、ちょっとエラそうに聞こえたりふてぶてしく聞こえたりする単語です。これも、日本語で言うところの「って言うかさ~」に近いものがあります。

これらの言葉は、友達同士リラックスして喋くっている限りはいいかもしれませんが、ビジネスの場ではご法度です。

マクロー氏は、故ケネディー大統領の大統領就任式でのスピーチを例にあえげて、いかにちゃんとした言葉で話すことが大切かを説明したのですが、その大統領の就任スピーチは、

「祖国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません、あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい」
"Ask not what your country can do for you, but what you can do for your country."


というものですが、これを上記言い回しを入れて今風に言い換えると、

「祖国が自分のために何をしてくるかを尋ねちゃだめだよな。って言うかさ~、自分が祖国のために何が出来るか考えて欲しいな、実際…」
"Ask not what your country can, you know, do for you, but what you can, like, do for your country, actually."

となってしまって、すっかり緊張感のないスピーチに変身!まさか、ケネディー大統領、こんなスピーチしないし…。

このマクロー氏のスピーチ。これから社会に出る大学卒業生たちに贈る言葉として素晴らしい内容だと感心してしまった私です。私も気をつけなくては…。

(今日のブログも、ちょっと長すぎたな…。)

スポンサーサイト

Comments

始めてコメントします。いつも読み逃げでゴメンナサイ;

これって、89.9ですよね?ウィンザーの。私も好きです~。
101.9よりニュースなども何故だか聞きやすい。
DJの人の声も落ち着いた低音でヨイ(Jet Streamの城達也さんを彷彿とさせる・・)。それと90.5、90.9の4局が私のラジオ定番です。
夜はジャズが流れて大人の世界・・・帰国したら絶対恋しくなるモノの一つになるだろうなあ。

Actually,you know,like、私も連発;
気をつけよう、と思うけど、これ無しでは私のサバイバル英語は成立しないのよ~(涙)。

あ、名乗ってませんが、buchoでわかるよね??

2008.05.22(Thu) 12:08       bucho さん   #YfiHzREE  URL       

コメント感謝です。

どうやら、同じ傾向の趣味です。
私も、ラジオでプログラムしているのは90.9です。終日はCBCかパブリック・ラジオかのどちらかしか聴きません。
お~、城達也さんのジェット・ストリーム!私もずっと聴いてましたよ~。ミスター。ロンリー(だったっけな???)のメロディーがなんとも懐かしい!
週末だけは、ウチのボウズの好きな70年代、80年代のポップばかりをやっている局に切り替えです。
帰国されても、ネットで聴けますから、たまにCBC聴いてくださいね~。

2008.05.23(Fri) 13:40       KE007 さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。