アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

見方の違い

先日、何か日本の読み物を読んでおりましたら、「あのオンナの目!ヘタクソなアイメークで、あれじゃ、ひじきよ、ひじき!」みたいなくだりがありました。へぇ、ボテボテなマスカラのぬり具合のことを日本ではヒジキ目って言うんだ、といい勉強になりました。もちろん、アメリカにもボテボテマスカラ状態というのはありますが、さすがにヒジキは登場しません。どうやらアメリカでは、「タランチュラ・アイズ(複数ですよ、目は)」...

Read More

ATの使い方。

誰だか全然覚えていないのですが、surpriseの後の前置詞のATは、「アッと驚く」と覚えろと教えてくれました。いま考えると、なんともベタでクサイ覚え方だなぁなんて思ってしまいますが、こういう覚え方というのはずっと頭にこびりついていてくれます。ATという前置詞は結構いろいろな場面で登場する便利な単語ですが、日本人的には使い方が結構難しい単語でもあります。be surprised atbe amused atbe good atbe mad atloot atぐ...

Read More

非間接的コミュニケーションの功罪

今日のお話も別にアメリカだけに限ったことではありません。フェイスブックとかテキスティングに関する考察など…。私は、そもそもそれほどマメな人間ではありませんから、フェイスブックとかそういうものを一生懸命やったり出来ません。フェイスブックのアカウントを作ったことすら忘れていたときもあったほどで、そのせいで、ファイスブックのアカウントなんて2つあって、どうやって1つにまとめるべきか困ってるクセに何にも対策...

Read More

カメラワーク

モスクワで行われた世界フィギュア。ウチはカナダのテレビ局で観ました。川を越えるとカナダの最南端のウィンザーですから、カナダのCBCという日本で言うNHKのような局でカナダのテレビ番組が観られます。カナダのテレビ局ですから、もちろんカナダの選手ばかりが映されます。パトリック・チェン選手のインタビューが延々と続いたりして…。でも、仕方ありません。カナダの放送局なんですから。さて。この世界選手権の映像。ヒドか...

Read More