アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((その7)))

イタリアのまちはPIAZZAという広場を中心に道が放射状に延びて、また別のPIAZZAにぶつかります。町全体が放射状の広がり方になっているのはそのためです。碁盤の目スタイルの町の造り方ではではありません。アメリカと違って、道路が平行に走っていないので、一本道を間違えると、思いっきり道に迷ってしまって、全然想定しないところに出てしまいます。また、アメリカのように道路の名称がドーン!とわかりやすく道に立っていなく...

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅 (((その6)))

フィレンチェは、まさに町全体が美術館のようなもので、もう、こっちを見ても、あっちを見ても、貴重な展示品がゴロゴロしているような感じで、頭がパンクしそうになります。しばらくすると、美術館な町並みが、映画のセットの中にいるような錯覚にかわってゆきます。なんとも、現実からかけ離れたような体験をさせてくれる場所です。こんなドアがあちこちにあります。こんな、ちょいとモダン系なのもあったりして。今まさに、中か...

Read More

Excuse me???

ちょっと、イタリアは、お休みして。昨日、本屋さんからメールが入っていて、"Have you redeemed your bonus bucks? You have until November 23 to redeem your $10"とありました。「キャッシュバック、もうやりました?11月23日が10ドルのキャッシュバックが出来る最終日よ!」ということです。REDEEMというのは、クーポンや商品券などを商品に換えるという意味の動詞です。ということで、慌てて本屋さんに行ってきました。で、...

Read More

「終わりよければすべてよし」な旅。  (((その5)))

フェレンチェでは、もっぱら歩きとなります。もうイヤッ、て言うぐらい歩きます。日ごろたくさん歩いている日本人には、ナンてことないかと思いますが、すっかり車社会に慣れて足が退化しているアメリカ居住民には結構つらいものがありました。万歩計を持ってゆきましたが、一日平均で2万歩。そのぐらいは、軽く歩いてました。+++さて。フィレンチェを歩いていますと、こんなものをよく見ました。郵便受け???こんな感じのも…...

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((その4)))

今回のイタリア行きは、基本、授業の一環「社会見学」ですから、ショッピングとか、グルメとか、そういうのはナシ。ということで、宿泊先もゴージャスなホテルとか言うのではなく、「修道院付属宿泊施設」でした。英語でCONVENT(コンベント)とかNUNNERY(ナナリー)と言います。まぁ、日本的に言えば、「宿坊」です。フィレンチェとローマの両方で、この宿坊を利用したのですが、フィレンチェの方は田舎の尼さんという感じで、と...

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((その3)))

ところで。デトロイトやモントリオールの空港待合室では、ちゃんと携帯電話などの充電がすぐに出来るようなアレンジがされていますが、フィレンチェやパリやアムステルダムといった欧州の空港は何とも不便でした。フィレンチェは、全く駄目。パリやアムステルダムには充電ステーションがあるにはありますが、使い勝手が超悪し。北米は何かにつけて便利だな~と、つくづく思いました。さて、さて。パリのドゴール空港で数時間の待ち...

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((その2)))

今回の旅は、今までに貯めたマイレージで行ってきました。早めに予約を入れれば、6万マイルでチケットが取れたのに、いつものごとくダラダラしているうちにいい席がどんどんとなくなってしまって、結局8万マイル使うことになってしまいました。「ただ」のチケットですから、もちろん直行便なんぞありえません。モントリオールとパリを経由して、フィレンチェ入りが出来るという旅程です。モントリオールとパリでは、それぞれ、4時...

Read More

「終わりよければ全てよし」な旅。 (((そのいち)))

実は、先日、ちょっと、イタリアに行ってきました。これは、私が趣味でとっている授業の一環だったのですが、まぁ、本当に絵に描いたようなきれいなところで、特に、フィレンチェは映画のセットのようで、もう、とってつけたように名所満載!目をつむって、カメラのシャッターを押しても、絵葉書のような写真が撮れちゃうのです。(ちょっと、この写真はカスミがかかってよくありませんが…)これは、町の中心にある教会の屋上から...

Read More

恐るべき吸引力。

2週間ほど前に、自宅で掃除機をかけていましたら、なんだか変な音がしだしました。「ブィ~ン」という一定音が「ブイブイブイーン」というような変則的な音になって、挙句にはパワーが落ちていくような音にかわり、なんとなく何かが焼けるような臭いまでしだしたので、とりあえずスイッチを切りました。ちょっとしてから、スイッチを入れましたら、うんともすんともいわないではありませんか!「へ???」と思いながら、スイッチ...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。