アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

自動車業界の笑い話。

こんなメールが送られてきましたので、日本語にして皆さんにご紹介します。これで笑えた人は、自動車業界に永く居過ぎ!++++++++「カヌー漕ぎ競争」日本企業(あえて言うならばトヨタ)とアメリカの企業(あえて言うならばジェネラル・モーター)が、ミズーリー・リバー(米国でもトップ5に入る大河川)でカヌーレースをすることに決めた。両者とも時間をかけて厳しいトレーニングを繰り返し、レース日当日に能力がピーク...

Read More

世界のオーケストラ・トップ20

以前に、朝会社に向かう車の中ではカナダの国営ラジオを聴きながら、などというような内容のお話をここに書いたことがありますが、最近番組構成がすっかり変わってしまって全然面白くなくなったため、さっさと鞍替えしました。いま、運転中に聴いているのは、ずばり、NPR。これは、「ナショナル・パブリック・ラジオ」の略でして、ま、日本的に言いますとNHKみたいなもんです。「喋り」がメインの局で、内容がバラエティーに富んで...

Read More

感覚の違い。

ちなみに。フォード社のM氏。もちろんこの方は、エクゼクティブ・クラスの人物。去年会社から受け取った給与は、22.8億円(相当)。これだけじゃぁなくって、会社所有の自家用ジェット機を「個人的な理由で利用」した分の返金として$752,203受け取っているそうです。(まず自腹で使用料金を払って、あとから会社に請求したという事)ビッグ3ぐらいの会社のトップになると、このようなことは普通です。なんせ、何万人もの従業員を...

Read More

行きも帰りもコワい道のり

ちょっと更新を怠けてました。さて。ネタは結構あるんですけどね。(例えば、今年日本に帰省した際の旅行記。まだ完結してないし!)文章を書くのって、ある程度の勢いが必要なんです。でも、その勢いがなかなかでない今日この頃です。景気が悪くて、いつクビになるやら分からないような毎日を過ごしていますと、どうも文章を書く勢いなんて出ない、というワケです。ま、でも、気を取り直して。この9月から学校に行っているのです...

Read More

な、なんだか、似てるぞ。

今の米国大統領、ジョージ・ブッシュさん。彼の演説などを聞いてますと、どうも耳障りだなと思うことがあります。彼は、NUCLEARという単語をちゃんと発音できないんです。正しくは「ニュークリア」みたいな感じになるんですが、彼が発音すると、「ニュークラー」になっちゃうんです、なんでか。(皆さんも、CNNなどで注意深く聞いてみてくださいね~。)「ニュークリア・エナジー・ポリシー(原子力エネルギー政策)」とかの話にな...

Read More

教科書には出てこない表現(恐らく…)

床を這う電気コードに足を引っ掛けてしまってコンセントが抜けて部屋の明かりを消してしまったとき。「あ~、悪い悪い。わたしのせいよ~。ごめんね~。」となりますが、これ、英語で言うととっても簡単。"Ooops, my bad!"(ウーップス。マイ・バッド~!)MY BADなんて聞いたことない表現ですが、よ~く聞きます。よくみるテレビのコマーシャルにも出てます。文法的には、MYが所有格なのでその後に名詞が続いて欲しいのですが、BA...

Read More

派手なキャンペーン

もう旬を過ぎた話ですが、記念に書いておきたい事を一つ。今週の月曜日、仕事を終えて家に帰ってきましたら、ドアのノブのところにこんなものが釣り下がっていました。写真をクリックすると、でかくなりますよ。そうです。オバマ陣営のボランティアたちが残していったキャンペーングッズです。これは、ミシガン向けのものです。なぜなら、オバマ・バイデン両氏の下の写真はミシガン州関係の代議士たちの写真が入っているからです。...

Read More

一票を投じる

今日はとうとう大統領選挙投票日です。とは言え、私は米国市民権を持っていませんから選挙に参加することは出来ません。とても残念です。経験豊かで祖国のためなら命だって投げ出してもかまわないとでも言いそうなマケイン氏が、最後の巻き返しのために頑張っています。マケイン氏は「継続」、オバマ氏は「変化」がスローガン。メディアはこぞって米国歴史上初の黒人大統領の誕生を話題にしていますが、一体どうなるんでしょうね。...

Read More

ハロウィーンが終わるとすっかり年末モード。

10月31日の金曜日は全国的にハロウィーンでした。私は学校がありましたから何もせずに終わりましたが、ウチのボウズが友達のお家でハロウィーンをやってきました。そのお友達のお家は、お金持ちばかりが住む地区です。通常、ハロウィーンは隣近所が密接に建ち並ぶ地域を狙うのが良しとされます。短時間に沢山の収穫があるからです。お金持ち地域を選びますと、隣の家にたどり着くまでにすっかり疲れてしまって、10軒ぐらい行...

Read More