アメリカに住むということ

よそ様の国に住むというのは結構大変です。英語が出来ればいいというものではありません。

鹿の馬鹿!

お家を買う時に、「この辺は、鹿が多くて、庭を荒らされますよ~。」なんて、不動産屋は教えてくれません。その辺を鹿が歩いていると、「鹿だ~。」って珍しくてうれしくなっちゃうのは昔の話。今は、鹿は、敵です。我が家の庭を荒らす、敵です。冬になって大雪が降って食べるものがなくなると、あちこちのお家の庭で手あたり次第なんでも食べちゃうのが鹿です。我が家の場合、裏庭のモミの木。引っ越してきて最初の冬は全然気づき...

Read More

家の修理

どんなに新しいお家を買っても何かしらで修理が必要です。アメリカのお家は作りが簡単で、ホームセンターに行けば修理用の道具やら材料やら万遍なくそろっているため、時間さえあれば自分でもやれちゃいますが、やはりプロにお願いすると仕上がりが違います。以前に一度、バスルームの改修をハンディマンなる半プロの人にお願いしたら大変なことになってしまったことがあり、あれ以来絶対にハンディマンはお願いしないことにしてい...

Read More

パワーツールの選び方。

以前、芝刈り機を選ぶのならホンダに限るって言ったけれど、それはホントのお話で、ちょっとぐらい高くついてもホンダは鉄板。なんせ、たいしたメンテをしなくてもちゃんとエンジンがかかって仕事してくれるんです。庭作業には芝刈り機だけでなく、エッジトリマーやブロアーなども必要。ホームデポに行って、「RYOBI」製と書かれたブロアーを買ったのが去年の春。これが、そのRYOBI製のブロアー。なかなかデザインもよくて、期待大...

Read More

庭仕事戦線離脱。

引っ越してきて、1年目と2年目は、本当にマメに庭作業をしていましたが、今年は完全に怠けています。庭作業は、やればやるほど、お金がかかると心から理解したからです。「必要最低限のことだけやろう!」という結論に至った次第です。そして、いつか何年か後にこの家を売るときに、まとめて専門の業者に綺麗にしてもらえばいいと考えています。こまめに手入れをして、小ぎれいにしておけばいいのでしょうが、なにしろ庭が広すぎて...

Read More

長持ちのコツ

アメリカの家は、100年持つように出来ているそうです。でも、放っておいたら100年持ちません。あれこれときめ細かくお世話をして100年、ということです。我が家は、1957年築ですから、私より年上です。前のオーナーがずいぶんと手を入れてくれたお蔭で、当分の間は何もしなくていいかなと入居当初は思っていましたが、それはとんでもない間違いだってことが最近になってよくわかってきました。お家のお世話は、まさに子育てと同じ...

Read More